XZ-10用の予備バッテリー

オリンパス XZ-10を買ったよ(その 7)

 先月の始めの頃 Amazon.co.joから、オリンパス XZ-10用の互換バッテリー LI-50B オリンパス 互換バッテリー 0201-1と互換充電器オリンパス LI-50B 用 バッテリーチャージャー 急速充電器 0264-1を購入し 1ヶ月ほど使用。IMG_3042 互換バッテリーと専用充電器、どちらもモノマップジェイピーオリジナルと言う事で、二つの商品を合わせても 938円という格安なお値段。これで消費税込みで送料無料だというから、とっても有り難い話である。
 
 購入理由は、これもある程度最初から分っていた事ではあるが、オリンパス純正バッテリーの持ちの悪さである。カタログ仕様上 240枚は撮影出来るはずなのだが、これまでのところいずれも 200枚に到達していない。最初の 3日間で 167枚、次が 2日で 184枚。まだ新品の状態でコレである。
 一応 RAW画像で保存にしているのでファイルサイズがデカい事を考慮しても、ちょっと持たなさ過ぎであろう。

 いずれにしても手持ちのメモリカード 4Gや 8Gを満杯にできない。日頃から街中で撮り歩いているアマチュア・カメラマンってワケではないけれど、デジカメを使う様になってからは、撮る時に一眼レフを使うと半日で 300枚以上は平気で撮影するようになってしまった。設定をチョコマカと変えては何枚も試し撮りをするので、どうしても多くなってしまうのだ。
 つまり、元々 200枚程度のバッテリー容量では心もとなかったのである。

 丁度、気分良く撮っているタイミングでバッテリー切れになってしまう感じだ。それ以上に撮りたくても撮れないと言う事は、精神的な苦痛も非常に激しいことになる。
 どのみち予備バッテリーを購入するのは時間の問題だったって事なんだ。

 所でオリンパス純正のバッテリー LI-50Bは 3.7Vの 925mAhの容量。対する互換バッテリーは 3.7Vの 1,200mAhの容量。額面通りなら容量的には 275mAhと 3割ほど多い事になる。
 一方、オリンパス純正アクセサリとして指定されている USBバッテリー充電器 UC-50の取扱説明書によれば DC 4.2V 400mAで充電時間は 3.5時間とある。対する互換バッテリーチャージャー 急速充電器の方は DC 4.2V 600mAで 2時間ほどで充電が完了する、となっている。なるほど確かに 1.5倍多く電流を流すから、そのその分だけ充電にかかる時間が短くなっているのは理解出来る。

 もし屋外でバッテリー切れに遇い、充電する必要が生じた際には、モバイルバッテリーを使って USBケーブル経由で本内での体充電を行う事になる。万が一の際には、なんらかの対処法が用意されているというのは有り難い話であるが、充電中はカメラが使えなくなるのは嬉しくは無い、よねぇやっぱり…
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。