お買い得感、満載 Part 2 (その3)

  先日、再び「エレコムわけありショップ」から送料無料が無料になるように税抜きで商品 3,000円分を購入した。今回は、今はまだ自分じゃ持っていない iPod miniをはめ込んで使うメモ帳ケース。IMG_3141 xPADシステム対応の専用 A5ノート 4種類、それを挟むバインダーだが、そもそも 70ページ分の専用ノート 1冊が 108円だと思えば別に高いもんじゃないと思うけど、これが元値の 600円では若干高過ぎるんじゃないかって感じがする。ただ既に在庫限りの廃盤商品になっている様子なんだよなぁ…

 バインダーには iPad miniをセットする専用の枠が付いている。今の所、僕は持っていないし購入する予定もない。けれどデジタル化した手書きノートを参照するのには、持ち歩くに楽な軽いタブレットは必須だとは思う。
 先月の新しい iPad mini 3の発売に伴い iPad mini 2が 31,800円と 36,800円に改定されたから、もしこれが iPad miniの価格 26,800円と同じになったら、ちょっとは購入を考えてもいいかなぁ…

 まぁ、どのみち来年の話。その時は手元の iPad 3を iPad Air 3にでも買い換えるのが先だけど、ね。(^-^;)

 もしかしたら、その頃 iPad miniは生産終了となってて iPod Clssicの様に店舗からも無くなっていたりして…

 僕自身、これまで何度もタブレットやデジタイザやらで手書き書類をデジタル化する事を試みて来たけれど、僕の場合どうしても鉛筆とノートに勝るものがない。そして手書き書類を取り込む場合、確かにスキャナが綺麗で便利なんだけど、結局は画像でしか管理ができないのでデータの使い回しに無理があった。
 デジカメや iPadや iPod touchで撮影した画像を取り込んで共有するのには便利。ノートの 4隅に記されたマーカーで少しは補正されるから、手書き書類を撮影する際に、あまり気を使わないで済むのが楽。

 デジカメで撮った画像も専用アプリ「SMAFO BUNGU NOTE」を使ってiPod touchや iPadから取り込んだデータと同じように自動仕分けができるし、それをメールに添付したり Evernoteや Dropboxにアップロード出来る。
 キングジムからも同じような「ショットノート」っていう製品 がある。どっちも似たようなものだけど画像補正に関してはキングジムのアプリの方が良いらしい。ただ、エレコムの xPADシステムの方は別売りで透明シートもあるから、そのシートを重ねるだけで雑誌や新聞からの切り抜きやスクラップが簡単にできる所が利点だろうか。

 ただ、どちらのアプリも標準で手書き文字の OCRが出来るわけじゃないし、画像で管理する点ではスキャナで取り込むのと変わらない。マーカーでの画像補正が入るか否か、違いはその 1点くらいだけど、そもそもスキャナならば画像を斜め上から撮影する事がないから、取り込んだ画像が台形に歪むことはない訳なんだけどね。
 デジカメなら手軽に取り込める分だけスキャナよりも活用範囲が広いと思うけれど、ね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。