また思い切った事を…

 先日、日本時間で 2015年1月22日木曜日の午前 2時からアメリカで Microsoft社のWindows 10発表イベントが行われました。その時間、もちろん僕は寝ていましたよ。Windows10 そこで発表された Windows10は PC・スマートフォン・タブレット等、全てのデバイス間で動作し Windows 7・Windows 8.1・Windows Phone 8.1から無料でアップグレード可能になると宣言されたそうです。
 一応、今の所 Microsoftは Windows 10がリリースされてから最初の一年という制限を付けてはいますが…

 僕的には「こりゃまた随分と思い切った事をしたね〜」っていうのが正直な感想。沢山ハードを売って利益を出している Apple社なら、その戦略を取る事も容易に理解も出来ますが、ソフト販売で収益を上げている Microsoft社が、それをやってしまっても本当に大丈夫なんだろうかって余計な心配をしてしまいましたよ。
 実際に製品が発売される予定の 2015年後半まで、もうしばらく時間がかかる様子。それまでに気が変わらないことを祈りましょう… (^-^;)

 つい先日 Windows 7のメイン・サポートが終わったのも関係して、無償バージョンアップが可能なうちに実行する企業が一体どれくらい存在するのかは未知数ですけれど、特に大きな問題も抱えていない個人ユーザなら揃って直ぐにでも乗り換えるんでしょう、けどね。
 ぶっちゃけ Microsoft社としては対象である全ての企業が新 OSに乗り換えてくれたら面倒なサポートにリソースを割かなくても良くなるんだから、それだけでも助かるんでしょうけれど。そう旨い事、世の事象は転んでくれないだろうからなぁ…

 昨年からプレビュー版が利用できることは知っていましたが、最新版も今週中には利用可能になるとのことです。僕は面倒だったから今の所は使っていませんし、これからも使う予定はありません。ですから年内中に正式版が出て、無償バージョンアップが可能になったら直ぐにでもダウンロードしようかなって考えていますが、ね。
 それも当然で、個人で依頼されて開発を請け負う業務をしている関係上、新システムや新 OSでの動作環境での試験やらは必須ですし、全く安定した収入の無い身としては無償でバージョンアップが出来るのは、ただ感謝する以外の何物でもないです。もっとも個人的には 6月のリプレース案件が終了するまで新 OSが提供されないって事で、とりあえず一安心ではあるけれど…

 一緒に発表された訳ではありませんが、年末の同じ頃に Office 2016Office for Windows 10も発売されるそうです。こちらはタブレット用のモバイルアプリは無償でダウンロードできるそうですが、おそらく PC用も OneDraiveとの併用で Officce 365と似たような扱いになるものと予想できます。詳しい内容は今後の発表を待たなければわかりませんが。
 同じようなことは Apple社から iCloudで、そして Google社から無償で Chrome OSを提供し、それを搭載した ChromeBook等で実施していますから、多くの競争相手もいます。益々 Microsoft社は苦しい立場に立たされてしまうんでしょうねぇ… 大変だなぁ… (しょせん他人事ですが…)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。