今 4T HDDの買える時代に…

 正直な話、今の時期に新品で手に入るとは思わなかったんですけどね。IDE 120G HDD さすがに今更感が拭い切れない 120G IDE 内臓 HDDではあるが、かれこれ 2年以上も前に復活させた eMac用に、この度ようやく手に入れる事が出来た品である。(^-^;)

 昨年までは外付け HDDで何とか立ち上げてきたけれど、立ち上げる度に壊れた内臓 HDDが邪魔をして起動するのに異様なまでに時間がかかり過ぎていた。
 それが先日、長いこと邪魔しつづけた挙句とうとう外付け HDDに切り替わらなくなってしまった。外付け HDDは他の Macでは正常認識するので壊れた訳ではないと思う。

 それに eMacの電源は普通に入るから、原因は認識も出来ない内臓 HDDだと確信が持てる。だから内臓 HDDさえ交換すれば普通に使えるようになる筈なのだが…
 自分の中にも一応「今更 eMacを使えるようにしてどうするのよ?」って気持ちが無いわけでも無かったのだが、それでも、この機械でしか動かないソフトがあるのだから仕方ない。しかも制限があり「容量 130G以下でなければ eMacでは内臓 HDDを正常に認識する事が出来ない」と来ている。

 それにつけても 1万円も出せば 3Tの HDDが購入できる今の時期に、何が悲しくて 5,000円も出して容量 1/20以下の 120Gの HDDを買わんにゃならん?
 しかも、これまた素直に考えれば、やっぱり今更である。おまけに現状では全ての内臓 HDDが、すっかり SATAに切り替わってしまっている時期に 10年前に主流だった IDEの新品の HDDが手に入るとは思えなかった。

 恐らく IDE規格で内臓 HDDの新品など手に入る事も無いだろうし、中古で程度のイイものだとしても直ぐに寿命が来て壊れるだろう。そんな気持ちが僕の心の片隅に有ったのも事実なんだ。
 だから自分の身近に居る友人知人に「使ってないで余っている IDEの内臓 HDDが残ってないか?」を聞いて回っていたけれど、誰からも色良い返事は返ってこなかった。普通こんな中途半端な容量の HDDなど沢山買わんだろうし、仮に有ったとしても余って無いわなぁ。

 で、今回は偶然にも助けられ新品の IDE規格の内臓 HDDが通販で、自分の欲しい容量どんぴしゃりで手に入った。さすがに「もう 1台分余分に買っておこう」等とは、頭を横切りはしたが実行には移さなかった。もしも今度、壊れたら、その時はその時である。無理に延命はさせず eMacの寿命が来たと素直に諦めよう。
 正直な所、問題の eMacは分解は可能だが非常に骨が折れる機種だ。確か 10年ほど前に内臓 HDDを交換した際も半日がかりだったと記憶している。その手間を二度ならず、三度も繰り返す気には成れそうにもない。

 どうせパラパラにするのだから、出来たら内臓 HDDだけに限らず、読取りエラーの頻発するスピードの遅い内臓 DVD-ROMも交換したい。はたして手元にある PC用 DVD-R/Wを正常に認識して使えるかどうか定かではない。
 ハード的には容易に接続できても所詮ドライバーが対応していなければ使えない「宝の持腐れ」になってしまう。博打を打つか迷うところでもある。

 僕の持っている eMacは初代機種なので当時は USB 1.0規格までしか対応していない。手軽に手に入る USB対応の外付 DVD-R/Wなど遅くて、とても…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。