和風スープ・スパゲティー

 近所に住む犬友達から家庭菜園で採れた直径 12cm程、長さ 40cm以上もある、りっぱな大根を頂いた。

 さてさて、そんなでっかい大根丸々 1本を、どうやって一人で平らげよう…
 手持ちのレパートリーが非常に少ない独り身のオッさんである自分としては料理方法に窮してしまったわけだ。

 とりあえずオデンに入ってる大根みたいな品が食べたいと思ったんで、差し当た台所に置いてある石油ストーブでコトコト煮込んでみようと思い立った。
 オデンの「お出汁」と言ったら、多分「昆布」だろうと思い、正月に実家から分けてもらったは良いけれど、どうやって使おうか思いあぐねていた昆布の束から 1枚を抜き出し、ざっと洗ってから鍋に貼った水に浸けて 5時間ほど置いておいた。

 後から思えば、何も小難しい事など考えず、単に出汁で茹でるだけの「風呂吹き大根」にすれば良かったんだろうけど、その時は何も思いつかなかったのだから仕方がない。

 思いついたのは、以前に作った事のある「蕪と白菜のコンソメ煮」みたいにしようと思い、半端に 1/8だけ残っていた白菜を「ざく切り」にして、大根は 2cmほどの厚さに切ってみたら丸ままではあまりに大きすぎたので 1/4の「いちょう切り」にした。
 大根が多くなり過ぎたので、他には冷蔵庫の中から「えのき茸」と「しめじ茸」を切り解して入れ、それだけでは色味が寂しかったので人参を適当に「拍子木切り」にして放り込んだ。
 (野菜を切った時は何も考えずに切っただけで、後から切り方に「名前」が付いていたんだと知ったしだい。)

 このままでは「たんぱく質」が足りないから、何かないかと冷凍庫を焦ったら「豚こま肉」がトレー半分だけ残っていたので、凍った肉を適当に小口に切り分けた後、全ての材料を鍋の中に入れて蓋をしてストーブに火を点けて、最終的には水の温度だった 5時半から 7時半まで、約 2時間ほど煮込んだ。
 これにゴボウと里芋を入れて味噌仕立てにすれば、立派な豚汁が出来上がる処だったろう。普段、そんなもの使わないから買い置きが無い。後から思いついても無理な話である。

 途中、浮いた灰汁を 100円ショップの「アク取り紙」で取った。調味料には「酒」「みりん」「醤油」「砂糖」を適当に 200ccのカップに入れ、それをぬるま湯でいっぱいに薄めて鍋の中に注ぎ入れた。
 味見して「追いカツオだし2倍希釈」を入れてもう少し煮込み、その日はレンジでチンした「ご飯」を椀に取ったスープの中に入れて雑炊みたいにして食べた。

 本当は薬味としてネギが欲しい所だったけれど、最初から「ご飯」を少し残して 2頭のワンコに「おすそ分け」をするつもりだったのでネギを入れちゃまずい。
 次の日の朝は鍋ごと温め直して食パン 2枚と一緒に「お汁」として食べ、さらに残った分は「夕ご飯」用にした。さすがに同じ品を「昼ご飯」として食べるには飽きたので…

 …で「夕ご飯」用に画像のごとく、あっさり風味の「和風スープ・スパゲティー」が出来た訳である。これは冷凍庫に「ご飯」が残っていなかったから代わりにスパゲティーを茹でた、だけ。ストーブの上でスパゲティーを硬めに茹で、それを前日作った「和風スープ」に放り込んで一緒に煮込んだだけの品である。
 見た目が、なんとなく「ラーメン」に似てなくも無いが味は全然違うので、一応これは「スープ・スパゲティー」の一種である、という事にしておこう。

 ちなみに「お出汁」に使った「昆布」は水から引揚げた後に小さな「結びコンブ」を 9本作り、もう 5時間ほど水に浸けて「二番だし」を取った後で「酒」「みりん」「醤油」「砂糖」と「水」で少し甘辛めに作った調味液に浸し、小さな片手鍋でコトコトとストーブの上で煮込んでみた。
 残念ながら煮込む時間が足りなかったらしく、あまりに硬めに出来上がった。自分は噛み切れない訳じゃ無いが歯の悪い人には絶対に無理だと思う。あるいは、最初に「昆布」を半分に裂いておくべきだったのかもしれない。
 自分で言うのも何だが「味」の方は悪くなかったので「昆布を柔らかく煮込む」には、まだもう少し場数を踏まなけりゃならないらしい。
 そりゃ確かに「圧力鍋」とか便利な道具を豊富に持ってれば別なんだろうけれど、有っても四六時中使うわけでもないからねぇ…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。