プリデスティネーション

 前日の暖かな晴天とは打って変わって、午後から冷たい雨がそぼ降る 3月 3日ひな祭りの日、今月の映画として、友人と「プリデスティネーション」を観て来てきた。predestination 今月の「映画の日」では当初、昼過ぎまで地区防災の「避難訓練」が行われる予定だったから僕は役員をしているのでサボるわけにはいかない。諸般の都合で 15日に延期になったけど、チケット予約の都合もあったから前もって友人に頼んで火曜日「二人の日」に振り替えてもらっていたんだ。
 以下は、お約束の文句。今回もネタバレを多く含んでいると思われますので下記参照は自己責任でお願いします。って事で今回も宜しく。m(_ _)m

 ところで、この物語のベースに非常に有名な SFを用いている。映画館サイトの映画紹介に載っていたストーリーは下記のとおり。

================= ココから =================

 1970年、ニューヨークの酒場に現れた青年がバーテンダーに奇妙な身の上を語り始める―。女の子として生まれ、孤児院で育った“彼”は、18歳の時に恋に落ちた流れ者との子を妊娠。しかし、その男はある日“忽然”と姿を消し、赤ん坊も何者かに誘拐されていた。そして、出産時の危機から命を救うため、自分は男になったという…。
 青年の哀れな境遇に同情したバーテンダーは、自らの驚くべき素性を明かす。なんと彼は未来からやってきた時空警察のエージェントだった。青年に自分の人生を狂わせた者への復讐のチャンスを与えるため、バーテンダーは1963年にタイムスリップし、さらに青年をエージェントにスカウトする。
 エージェント引退を決意しているバーテンダーの真の目的は、因縁のある連続爆弾魔フィズル・ボマーの犯行を阻止すること。はたしてバーテンダーは爆弾魔を発見できるのか?
 彼はなぜ青年をリクルートしたのか? そして時空を超えた壮大なミステリーの背後に隠された衝撃的な“宿命”とは―。

================= ココまで =================

 上記イントロ部分を読んだだけで映画が「ロバート・A・ハインライン」の有名な小説で、彼が「ウロボロス」の絵を見てインスピレーションを得て、わずか 1日で書き上げたという短編の物語が下地になっているとすぐに判ってしまった。

 僕もハヤカワ文庫SFで短編集が発売されると直ぐに読んでるから、学生の頃なので既に 30年以上も前なのに、それだけ印象深い話だった訳だ。
 もっとも頭の中には、左図の様な「自分自身の尾を噛む蛇」の図が直ぐに出てきたけれど、その題名である「輪廻の蛇」が出てこず、しばらくの間はタイトルを思い出せずに悶絶していたんだけど…
 落ち着いて考えてみれば 30年以上も前に、たった 1度しか読んでない本の内容を覚えているだけでも大したものだと感心すべきで、そんな短編の題名なんか忘れても可笑しくは無いよねぇ…
 だから、これ位で「物忘れが酷くなった」と落ち込む必要は無いよね? ね? (^-^;)
(後日、実家に戻った時に棚の文庫本を確認したら、読了は 1982年 12月だった)

 内容に関しては… 友人は何の予備知識も持た無かったから、もっとハードなアクションのある SFミステリーみたいな感じを想像していたらしい。確かにポスターから受けるイメージから、そう感じ取ったのも無理ないと思う。「込み入った話で結果的に話は面白かったけど、前半は退屈で寝落ちしそうになった」と言っていた。(^-^;)
 僕は、記憶の中に残っていた原作のイメージに、実に忠実に作ってあるなぁって思ったくらい。主人公が追いかけている、因縁ある「連続爆弾魔」に関しては後付け感がアリアリで、あからさまに無理やりぽい感じがしたけれど…

predestination_2.gif ぶっちゃけ「話のまとめ方が下手すぎた」って感じか。だから最後の最後で蛇足的な場面がクドく感じ、後付けの無理やりっぽさが抜けきれなかったんだと思う。
 ハリウッド映画と違って、見終わった後にスカッとする様な娯楽性の高い映画では無かったけど、見終わった後の「後味の悪さ」は多分、製作者サイドの意図的なものだと思うし、それなり面白かったとは思う。

 もう一回、見直したいかって問われると、ちょいと微妙だけど、ね…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。