散歩は犬生経験で重要な意味を持つ

 最近、特に感じる事なんですが、なんだか僕の身の回りでも勘違いしてる人が多いみたいなので…伊勢ケ浜 一応「飼犬の躾専門家」では無いと断っているのですが、飼犬の躾に悩まれている方から色々と話を聞く機会があり、どうも根本的な部分で飼主と飼犬との関係を誤解しているようにも感じられるのです。

安全体験が豊富なほど心に余裕も生まれる。

愛犬に育てよう(その3)

 僕は只の犬好きな人であって専門家でもなんでもないけれど、幾ら何度も飼犬に「ダメ」と大声を出して制しても「無駄吠え」は止まらない !! って言い切ってしまう。
 実のところ、犬目線から言えば「無駄吠え」と言うのは無い。犬なりの「ちゃんとした理由」があって吠えているワケで、それを理解しようともしないで、ただ怒鳴るだけで吠えるのを止めさせようとしても、それこそ無駄な事。

 例え「他の人や物に吠えるから」とか「飼犬の安全のためだ」という理由で家の中だけで育られた犬は「飼主が何度も言い聞かせたとしても彼らの吠えるのは治りません。 」とも言えます。
 驚く事に犬の記憶は「一度でも何らかの不安を感じる体験をした時は、些細な出来事まで覚えている」という事です。彼らは彼らが抱いた不安が無くなるまでは用心を繰り返し、決して警戒を解く事がありません。

 既に、飼主である群れを支配するリーダーがすぐ側に居てリラックス出来て、安全であるという認識が飼犬の中にあるならば、未体験の事でも受け入れて理解しようとする準備は出来るていると思って間違いないと想います。
 飼主が側に居れば怯えていただけの飼犬にも、その「何か未知のモノ」を観察する度胸と心の余裕が生まれます。犬自身の性質として元々好奇心の強い動物ですから、飼犬の気の済むまで調べさせ、観察させ、探求させ、自分達に危害を加えるようなモノではないことが理解できれば次からは怯えて吠えなくなります。

 安全なモノであると認識できない間は際限なく吠え続けますが、自分たちに危害を加えるモノではないと認識できたなら恐怖や警戒心から吠えていたのであれば、その問題は解決します。
 一方、飼主に来客を知らせるための「吠え」ならば飼主が対応するまで吠え続けますし飼主が留守で不在であれば吠える事はありませんから、困る事に知っている人の場合は居留守がバレてしまいます。

 飼犬の「見知らぬモノに対する恐怖心」を出来るだけ取り除き怯える機会を少なくしてあげるには単純な話で、犬にとって「見知らぬモノ」で無くなれば済むのです。
 そのためには飼主が色々な場所へ一緒に連れて行くのが一番ですし、犬は元々群れで行動する動物ですので、家族全員が一緒に行動するような移動の方が飼犬の精神も安定しています。

 家の中で経験できる事は非常に限られていますから、家から出た事のない犬は家から外に出るだけでもパニックを起こしてしまいます。犬なのに犬慣れしていない、来客など家族以外の人を見ると吠えてしまう犬とは、そうなる犬に飼主が飼犬を育てた結果なのです。
 毎日の散歩で出会う経験だけでなく、旅行にも一緒に連れて行く方が犬の精神安定上でも一番ですし、おそらく旅先での様々な体験や経験は、家の周辺においても飼犬を少々な事では不安を感じない「ハガネの心臓」を持たせる事にも成功します。

 逆に、家族全員がいなくなり飼犬だけでポツンと取り残されるのは非常に嫌います。ほとんどの飼犬が留守番を嫌うのはこのためですが、子犬の場合は母犬が餌を探している間は兄弟犬だけで巣穴にいる事が多いので、この性質を巧く活用して子犬の頃に留守番を慣れさせておけば、成犬になっても留守番が大丈夫に育ちます。
 その場合でもハウスの周りにサークルを置き範囲内だけ、或いは何も家具を置かない空き部屋内だけで動き回れる様にしておかないと、それこそ触れるモノあらゆるモノが破壊されますので気をつけて下さい。
(ほとんどの場合、子犬の頃にイタズラを繰り返した犬ほど成犬になるとイタズラはしなくなりますけどね。(^-^;) )
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。