今年も 1輪だけ

P5112510 今年も 1輪だけ庭の薔薇が咲いた。去年、一昨年と 1輪づつだけど、それでも毎年忘れずに 5月になると花を付けてくれる。
 去年まで付ける蕾は多かったのに虫に食われて穴ボコになり、その都度折り取ってたら 1輪だけ残っていた。
 今年の蕾は 2個あったけど 1個は虫に茎をやられて途中で折れたから、無事に咲いたのはこの 1輪だけ。

 去年の分は「母の日」より遅く咲いてくれたので実家に帰る時期に重なり、母にプレゼントするのには丁度良かったけれど、今年のは少し早く咲きすぎた。来週、戻る頃には花びらもバラバラに散ってしまうだろう。
 いつもなら春先に根元から 1〜2本のシュートが 飛び出してくれるのに、去年も今年も出てこない。
 元からの枝は老朽化して切り戻しに耐えられなくなっているし、伸びた新芽は、どれも茎が細く蕾を付けないブラインドばかり。枝先をピンチしても元気が無い。
 根元からシュートが出れば株の更新もできるのに、最近は、それも出来ない状態。おそらくは今年の春先、気温の激変が繰り替えされた天候不順が原因だとは思うけど。

 もう一つの原因は、土を掘り返す際に根を傷つけるのを恐れ、去年も今年も 1月に根元への肥料をチョットしか与えてないからだろうな。
 やっぱり根元に鶏糞を撒くだけじゃ足りないか。恐れずガッツリ掘らなきゃダメだなぁ…
 多少の根を切るのも厭わずに根元を掘って「寒肥」として、きちんと与えてやらなきゃ足りないんだろうなぁ。
 もしかして根を切る事で植物への刺激になり活発化して毛根が伸びたりするんじゃなかろうか。詳しい事は解らないけど、枝の切り戻しと同じ効果が有るのかも、ね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。