好天が続く日にワンコを洗おう

 週刊予報で平日は晴天が続くって言ってたから火曜と水曜、続けざまに我が家の 2ワンコを風呂場で洗った。毎月 1回行う定期業務でもある。来月は、そろそろ梅雨に入るのかなぁ…
 我が家では僕自身が嫌いだから毛を乾かすのにドライヤーを使わない。否、持っていないって言った方が正しいかな。自然乾燥で済ませるためには晴天が続く日でなければ体は乾かない。びっしりと濡れた体が完全に乾くのにかかる時間はアリスで約半日、小町の場合は約 1日半はかかる。

 今週、晴天の日は月曜日から始まってて日中の気温も高く真夏日だったとかで暑かったけれど、週が明けた時点では自分の体調が今ひとつだったので用心して洗うのは止していた。
 季節の変わり目によくおこる「就眠中における寒暖の差」による体調不良。原因は「寝冷え」による「風邪」だと考えられる。体調不良だったのは僕だけの話ではなく、近所のオバさま達まで何かしら調子が悪かったらしい。

 自宅の風呂場で体を洗うのも、流石に毎月の事なのでアリスも小町も慣れたもの。気がついてみたら小町を洗い終え、続けて自分自身を洗って風呂場から出てくるまでの時間が、以前ならいつも軽く 2時間を超えていたのに、今回は 1時間半をチョット超えたくらいだった。
 アリスの場合は以前から大人しくしていてくれるので洗い終わるのに 30分もかからないから、風呂場に入って出てくるまで 1時間もかからないけれど、小町の場合は体も大きい上に動き回る事もあって優に 3時間近くかかっていた。

 ところが今年に入ってからは洗い終わるまでに、あまり時間がかかっていないように感じていたので、今回だけは特に意識して時間を見ていたら、驚いた事に 2時間を大幅に割っていたのである。
 それだけ小町も風呂に入っている間はとても協力的で、以前の様に風呂場に入るのに暴れたり洗っている間や体を拭いている間に逃げ回ったりしなくなったと言う事なのだ。もちろん慣れもあるんだろうけれど、体を洗われる事に対する恐怖がなくなり代わりに気持ち良さを覚えたんだろう、と考えられる。

 もちろん僕自身も慣れて、要領や手際も良くなったりしているんだろう…なって思うけど。(^-^;)

 出来るだけ体の彼方此方を触りながら四肢を曲げ伸ばしては触って痛がる所はないか等々、洗いながらも両手で肉付きや抜け毛の様子など全身の様子を確認しているつもり。
 もちろん僕は獣医師では無いけれど、もしもの際の早期発見に通じてくれれば、それだけでも自分で洗っている価値があるって考えている。いつもと様子が違う事に気がつくためには、先ずは普段の様子を知っていなけりゃ比較のしようも無いからね。それに犬は痛みに我慢強いと言うから、チョットした際の体の反応や日頃からの様子との違いに気づいていてやれる事って飼主だからこそ出来る事は、きっと沢山あると信じている。

 これからは「マダニ」が発生する時期でもあるので、ワンコを洗った 2日後には駆除と予防のためにも「フロントライン+」を首筋に滴下しておかなけりゃ。この薬は滴下後 48時間内に体に付着したマダニ 100%を殺し、それから約 1ヶ月間はノミの成虫だけに限らず卵や蛹も含め駆除効果が持続してくれる、とのこと。
 今月に入ってから既に何度かワンコが我が家の周りにある道端や駐車場の草藪に入り込んだ後、体をよく見ると 1mm程度のマダニが毛先に付いているのが見つかる事があるので、今の時期は別に山に行った時に限らず草が生えている場所なら何処にでもマダニは居るものらしい。用心に越した事はないだろうから、さ。(^-^;)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。