攻殻機動隊:新劇場版

 先日 1日の映画の日は友人と僕、共に少し都合が悪かったので前日の 30日、火曜の「二人の日」で『攻殻機動隊』新劇場版を観てきました。
攻殻新劇00 新劇場版と言いながら、実質は「攻殻機動隊 ARISE」4部作で収まらなかった話をまとめる映画でしたから、この映画だけ観ても何が何だか訳がわから無い感じになりそうでした、ね。
 一応、ラストでの『攻殻機動隊』GHOST IN THE SHELL に続きそうな感じでのまとめ方とか、これまでに広げた大風呂敷を畳むのに、物語を作る方達も随分と苦労されているなぁとも感じましたが…

攻殻新劇02 僕的には、物語は特に目新しい話ではなかったかな? 敵が主人公を真似ている所も意外性は無かったし。

攻殻新劇04 実直な感想を言えば、そろそろ 25年も前に描かれた原作から卒業しても良いのでは? って感じか。

 いや、ね。なんか、またぞろ色々な話をでっち上げ、無理やり本編にくっつけそうな気配がしているもんで、さ。やっぱ、一度見つけた金塊の山を手離すつもりは無いって事なのか?

攻殻新劇01 ぶっちゃけ無理して「攻殻機動隊」の舞台上で、さらに新たな群像劇を作るよりも、もう一つ別の作品「サイコ – パス」の方を、きちんと育て方が良いと思うんだけど、ねぇ。

攻殻新劇05 タチコマに進化する前という設定の「ロジコマ」という AIを搭載した支援用多脚車両。どうやら、この ARISEの時代では人が搭乗する座席が無いという設定だったらしい。

 リブートも再起動も新章譚も、どうでもいいから、さ。そろそろ新しく「映画」のために作られた「物語」を観たい気がする。正直な話、漫画原作とかアニメの実写化とか、ホントに勘弁して欲しいって思っているんだよね。
 あるいは単に、小説ってか活字だけの本を読む人が本当に減ってしまったのか…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。