新開発環境がダウンロード可能に !!

 先日 7月 20日よりマイクロソフト社から新しい開発環境「Visual Studio Community 2015」統合開発環境が無償でダウンロード可能になった。
Visual Studio 2015 統合開発環境 これと同時に「.Net 4.6」のダウンロード提供も開始したという。僕は情報サイトで紹介記事を読んだ後 21日の昼にダウンロード先を確認しただけで、未だどちらも入手してないけどね。
 これは今月末に配布が予定されている Windows 10へのアップグレードに対応した新しい開発環境のという事で、 半年ほど前に発表された 2013版の開発環境を、当時最新版だった 2015版へと更新するものだ。

Visual Studio 2015 製品プラン ただし、一般学生向けの非企業向けアプリを開発できる無償版の「Community」版という括りに制限されたので、僕を含む個人開発者は 2013版の時には使用できたのに、今回のは小規模企業向けの 1199ドル(旧バージョンからのアップグレードの場合は799ドル)の「Professional」版を入手する必要がある。
 これが僕がダウンロードしなかった、もとい、出来なかった理由でもある。言い方を変えれば、単に「それ以前の昔の扱いに戻った」と言うだけ、なんだけど…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。