下関市の長府庭園まで、やって来た

 先日紹介したとおり、下関の長府庭園内の土蔵の中にて兄の作品と仲間達の展示会が昨日から来週まで 1週間行われる。
 一部の区間が未完成ではあるが、東九州自動車道路ができているおかげで宮崎の実家から下関までは 5時間足らずで到着する。で、折角なので今回も作品展を見にやって来た。
 山口県内外から兄の知人が作品展を見に、今回は関東各地からやってくるとも聞いたので、折角の機会だから皆様にも一度はお会いしてみたかったのもあるんだけど。お礼も言いたかったし。

 以前に読んだ ACIM関連の体験本を書かれた著者の方もやってくると聞いていたので、折角の機会だから自分の本に直筆サインを頂いた。
 他にも色々と兄からの話や、色々な噂で聞いた有名?な方々にもお会いできて、楽しい一日になった。庭園内は犬は立ち入りが許可されていなかったけど、受付の方達がとても優しい方達で 2頭の様子を見に、駐車場まで何度も出入りするのも快く許してもらえた。本当にありがとう。

 さっくりと数えた所、初日の昨日だけで、スタッフ以外に 70人弱の方が見に来てくれた、とのこと。
 土曜日の午後からは小雨まじりで、あまり天気も良くなかったのに本当にありがたい話である。
 とりあえず僕は、今日の午後まで兄達の作品展会場に居て、午後から宮崎方面に帰る算段にしている。
 差し入れに持って来た、日向のおみやげ「さざれ石」の評判が良かったのが、とても嬉しかったりする。

 このお菓子。実は 10年ほど前に出来た新しいお菓子。伊勢が浜の脇に建つ「大御神社」に、巨大な「さざれ石」が発見された事による。この時の調査で分かった事は、なんと、日向•延岡の海岸には、この「さざれ石」の宝庫だったらしい。そのほとんどが海岸や海の中にあるので地元民のわれわれでさえ知らなかった訳である。
 それで、延岡にある虎屋というお菓子屋さんが新作のお菓子を作ったんだって。ちなみに東京の羊羹で有名な虎屋とは無関係らしい。

広告

2 Responses to 下関市の長府庭園まで、やって来た

  1. ピンバック: 豊かさって何だろう? | 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: 避難生活を想定して(その2) | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。