気分だけアウトドア

 先々週の事、朝方の急な冷え込みで体調を崩し夏風邪を引いてしまった。木曜日の仕事の間だけは気力で持たせたけれど、家に戻ってきた途端に寝込んでしまった。その日の晩御飯を食べる気力も食欲も失せていた。
 金曜日、少し熱が下がっている朝の内に病院に行き、もらった薬を飲んで昼過ぎまで寝ていた。目が覚めた時には寝汗でびっしょりだったので、パジャマと肌着を洗濯機に放り込みシャワーを浴びて着替えた。
 少しでも食欲を取り戻そうと、喉がヒリヒリと痛かったので買い置きの練乳とフルーツの入った白熊アイスキャンディ 2本分を口にして、夕方まで三たび横になっていた。

 土曜日は朝から秋晴れの好い天気になったけど、とてもじゃ無いが何処かに行く元気は無かった。動き回るだけで目眩がするから、犬が喜ぶからと近くの河川敷へ車で出かける気力など、とても無かった訳である。
 かと言って部屋で燻っているには、あまりに勿体無いくらいの気持ち良い青空である。来月から始まる市民講座用
のテキスト作成をしなきゃならないけど、今ひとつ気分が乗らない。そこで昨年、買っただけで一度も使わなかったキャンバス製の椅子を車から降ろし、形だけアウトドア気分を味わうことにした。
(否々、例え庭先だったとしても屋外なんだから Out Doorって意味じゃ、これでも間違いじゃ無いはずなんだけど…)

 2頭のワンコは勝手気ままに足元にできた日陰でゴロンと横になり、ぎりぎりまで音を絞ったトランジスタラジオを BGS (Back Ground Sound) 用に鳴らし、珈琲を片手に赤川次郎の文庫本を 2冊読む。例え自宅の狭い庭先であっても、これだけで十分リゾート気分が味わえた。
 何処かへ出かけなくても十分に満ち足りた気分になれた。ある意味、これが田舎に住む者の特権かも知れない。(もっとも「これだけ」なのかも知れないけれど、今の僕には十分だ。)

 こんな気分に簡単になれるのも、一度は田舎を出て関東・東海での暮らしを体験しているからこそ、なんだろうけどね…
 ただコレも他人から見れば 2頭のワンコがいたからさほど違和感が無いだけで、ワンコが居なけりゃ単なる「変な小父さん」だと思われるだけだろうね。(^_^;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。