温故知新ってか?

 先日、僕の興味を引いた記事。テックウインド社が 15日、Windows 10搭載の PCと小型キーボードを一体化した「キーボードPC (WP004)」を発表した。ブラックとホワイトの 2色を用意し 2016年 1月中旬から発売する。
 価格はオープン、店頭予想価格は 2万円台になる見込み。との事。

006ll
 インタフェース類は、有線LAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0 LE、USB 2.0×2、マイク/ヘッドホンコンボジャック(3.5mm)、microSD/SDHC/SDXCメモリーカードスロット(最大64GB)など。
 スペック的には特に目を引く所は無い。先週話題にしたキングジム社のポータブックや HPのネットブックとほぼ同程度。予定では値段も HPと同程度になる様子だなぁ。

主なスペック
型番 WP004-WH/WP004-BK
CPU Atom Z3735F
メモリー 2GB(DDR3L)
キーボード フルサイズ86キー日本語キーボード
トラックパッド 搭載
ストレージ 32GB
無線LAN あり(IEEE 802.11 b/g/n)、Bluetooth 4.0 LE)
OS Windows 10 Home 32bit
ホワイト・ブラック
重量 約288g
サイズ 幅287×奥行き125mm×厚さ26.5mm

 電源用に付属してくる ACアダプター出力は 5V/2Aという規格から、巷に溢れてる USBモバイル・バッテリーに電源コード、10インチ USBサブモニターを用意すればモバイルマシンとして使用することだって可能だろう。
 もっとも、こんな馬鹿げたことを実行に移す奴はいないと思う、だったら最初からノート型パソコンを用意した方が何十倍もマシだと思うから。ただ、どうしても RGB端子が必要なら考えられるか、な。

 こんなのを見ると 30年以上も前、僕が沖縄で学生だった頃に夏休みに炎天下の道路工事現場でのバイト代を貯めて購入した初めてのマイクロ・コンピューター、コモドール VIC-1001の事を思い出すなぁ…
 当時の国産マイコンは、本体にキーボードが一体化していたのは一般的だった。僕の記憶が正しければ多分、国産マイコンで本体とキーボードを分離したのは NECの PC-8801からじゃないかしら。次の年に発売された PC−9801にお株を奪われ、すっかり影の薄いマシンになってしまったような気がするけど?

001ll 気のせいかもしれないけど、昔風のキーボード一体パソコンって 2〜 3年おきにリバイバルみたいに発売されてる様な気もするんだけど、ねぇ…
 例えば「コモドール C64の復刻モデル」なんてのも記憶に新しいし、少し前にもサンコーレア物ショップでコレと似た感じの XPマシンを取り扱っていたと思う。
 海外にはオールインワンモデル ZPCと言うのが有り最新モデルは ZPC-D5と言うらしいけど。

 困った事に毎回こういった物を見るにつけ、その都度に欲しくなってしまうのは、どうにかならんものだろうか。懐古主義というより単なるノスタルジーか、それとも…
 これまでは値段と性能に対し自分の中で折り合いがつかなかったので、なんとかギリギリ踏みとどまっていられたけど、そろそろマジでヤバイ気もして、なんとなく危ういんだよなぁ…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。