SONYじゃなかったら絶対に予約してる…

 以前より何度かネットで話題になっていた SONYの短焦点プロジェクター LSPX-P1が、いよいよ来月 2月 13日にオープン・プライスで発売される。直販サイトのソニーストアでは税込 99,900円とのこと。10万を切った。
LSPX-P1 2年半前に注目した DELL製の無線対応モバイル・プロジェクターも、税込だったら今でも直販価格で 91,778円なのだから、それほど高価な商品ってわけじゃない。
 無線対応プロジェクターとして考えても、そう高い物ではないと言えるし「短焦点プロジェクター」機能まで付いてくると考えたら、かなりのお買い得と言えるのではないだろうか。

 僕は、これが SONY製品でなかったら衝動的に予約していただろうと自信を持って言える。否、かつてのような SONY信者だったなら迷わず購入している。それほど僕にとって SONY製品には苦い思い出しかない。
 今思えば、あの頃に良くぞ SONY製ワープロ「Produce」に手を出さなかったと自分自身を褒めてやりたいくらいだもの、な。(実際かなり、やばかったんだけど。)

 表示は 1280 × 720の HD対応より一回り広いし、無線 LANと Bluetooothに対応し、本体だけでスマホ画面を受けることもできるらしい。約 2時間分のバッテリーと 2個のスピーカー、そして 4Gのメモリーを内蔵しながら重さ 930gと 1kgを切るくらい軽量で、大きさも片手で持ち運び出来るくらい小型なのだ。
 壁や床や天井に投影するのに、ほとんど距離が必要ないし台形補正も全自動。付属の無線ユニットで TVや Blu-ray プレーヤー画像も飛ばせる。もちろんスマホやパソコン画像だって飛ばせる。

 半導体レーザーを光源に用いてるおかげで LEDに比べてコントラストは高いらしい。今の所は 100lmしか無いので部屋を薄暗くするか、かなり暗めの壁面でないと明瞭には見れないようだが、それも時間の問題かもしれない。ただ SONYだと、これ 1世代か次の世代で販売終了とか平気であるから怖いんだ。
 アァ本当に、これが SONY製でなければ後先考えず、僕は是非もなく飛びついていただろう。やばい、やばい…

 まぁ確かに日本国内においては他社の動向や様子を見るばかりで自ら率先して冒険しようとはしない企業が多いから、この手の新しくライフスタイルに提案するようなとんがった商品は、良くも悪くも少々変わった企業風土を持つ SONYでなければ出せないだろうし、仮に社内で開発してたとしても実際には評価が怖くて発表しないだろうなって思うけど、ね。
 ソニーサイト上にあった仕様は下記の通り。

ポータブル超短焦点プロジェクター
一般仕様 型名 LSPX-P1
投写方式 SXRD・3原色液晶シャッター投写方式
表示素子 0.37型 SXRD x1
1366 x 768 画素
フォーカス調整 電動 (オートフォーカス *1)
投写画面サイズ 22型-80型
光源 レーザーダイオード *2
明るさ 100 lm
バッテリー バッテリー 内蔵リチウムイオンバッテリー
駆動時間 約 2 時間 *3
充電時間 約 4 時間
オーディオ スピーカー 25mm x 2 (モノラル), バスレフ方式
アンプ 2 W + 2 W モノラル(4 Ω)
xLOUD
無線 無線LAN IEEE802.11a/b/g/n (2.4GHz, 5GHz)、MIMO対応
Bluetoooth Bluetooth 4.0 (Bluetooth Low Energy)
Miracast Miracast
内蔵ストレージ 内蔵ストレージ 約 4 GB *4
センサー 加速度(姿勢)センサー
照度センサー
測距センサー
IRリモコン受光部 ● (AVマウス対応)
対応コーデック/フォーマット 静止画 JPEG、GIF 、PNG 、BMP
動画 MPEG-2、H.264、MPEG-4、H.263
スマートフォンアプリケーション スマートフォンアプリケーション ポータブル超短焦点プロジェクターアプリケーション
対応OS Android Android 4.4以降
iOS iOS 9
動作環境条件 動作環境条件 温度5 ℃から35 ℃、湿度20 %から80 %
(ただし結露しないこと、および35 ℃における湿度は65 %以下)
電源 電源 DC 19.5V (ACアダプター VGP-AC19V77)
消費電力 電源オン時 約 18 W (充電中 約 32 W)
スタンバイ時 約 9 W (充電中 約 23 W)
外形寸法 (幅x高さx奥行) 約 81 mm × 131 mm × 131 mm
質量 約 930 g
ワイヤレスHDMIユニット(同梱)
一般仕様 型名 LSPX-PT1
入出力端子 HDMI 入力 1
HDMI 出力 1 (パススルー)
AVマウス(IR BLASTER)出力 1
無線 無線LAN IEEE802.11a/n (5 GHz帯)、MIMO対応
対応入力信号フォーマット 480p、720p、1080p
動作環境条件 温度5 ℃から35 ℃、湿度20 %から80 %
(ただし結露しないこと、および35 ℃における湿度は65 %以下)
電源 DC 5V (ACアダプター LSPX-AC5V2)
消費電力 最大 約 10W (動作時)
外形寸法 (幅x高さx奥行) 約135 mm × 35 mm × 135 mm
質量 約 200 g
本体付属品
本体付属品 ACアダプター VGP-AC19V77 (1)、ACアダプター LSPX-AC5V2 (1)、電源コード (2)、AVマウス(IR BLASTER) (1)、スタートガイド (1)、リファレンスガイド(1)、保証書 (1)
対応アクセサリー
型名 LSPX-PS1
外形寸法 (幅x高さx奥行) 約 200 mm × 878 mm × 200 mm
質量 約 2.2 kg
付属品 転倒防止用ストラップ(1)、木ネジ(1)、六角レンチ(1.5mm)(1)、取扱説明書(1)、保証書(1)
  • *1
    投写する壁の材質や本体が設置される場所によっては、フォーカスが合わない場合があります。
  • *2
    初期の明るさから50%減になる期間を「寿命」と定義していますが、1日4時間の使用として5年以上の寿命が確保される設計になっています。但し、お客様の使い方や再生するコンテンツによっては異なります。
  • *3
    画質モード「プリセット1」、音量80%位置で動画を再生時。
  • *4
    システム領域とユーザー領域を共用しています。
広告

One Response to SONYじゃなかったら絶対に予約してる…

  1. ピンバック: LGの短焦点プロジェクター | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。