忌まわしき花嫁

 英国 BBS放送局の TVドラマ『SHERLOCK/シャーロック』シリーズは、現代を舞台にシャーロック・ホームズがスマートフォンなどを駆使しながら活躍するのを描き話題となったんだそうです。sherlock 対して「劇場版」にあたる本作はヴィクトリア時代の 1895年のロンドンが舞台。蒸気機関車や馬車が走る風景、クラシカルな衣装にも注目。ってことで、大いに期待して「映画の日」に友人と観に行ったんだけどね。
 なお今回もネタバレが多分に有るので、これ以降の閲覧は自己責任でお願い致します。m(_ _)m

 劇場版の時代設定はコナン・ドイルが著した原作と同じ1895年の英国、舞台はロンドン。
 花嫁姿の女性がバルコニーから銃を乱射、直後に女性は自ら命を絶ったかに思われた。しかし数日後、その女性が夫の前に現れ夫を撃ち殺したと言う。まるで幽霊が引き起こしたかの様な不思議な事件を解決して欲しいという。
 不可解な事件をレストラード警部から、シャーロックとワトソンの二人に丸投げされた。てぇのが大まかな筋。

 いきなりネタバラシをすれば、迷宮入だった 120年前の事件を頭脳明晰な現代の主人公らが解決するってぇ話だ。

 なんや過去の全てがホームズの頭の中での話だったんかい?

 なんかもう途中から設定にすごーく無理があった気がして、とりあえず面白かったから許すとしても、なんか一部ルール違反の感じが拭えず…

 ドラマシリーズを楽しんでいる人向け、一種「お遊び」って感じの設定だったんだろうけども、ね。

 馬鹿正直に信じていた素直な僕の心はどうしてくれるんじゃあ〜 !!

広告

One Response to 忌まわしき花嫁

  1. ピンバック: ドクター・ストレンジ | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。