わんわん集会場 開設

 先日 13日の日曜日に「大塚わんわん倶楽部」主催で、初めてのプチ・ドッグラン「わんわん集会場」を開催した。事前に 3家族の不参加の連絡があり、当日に集まってくれた 5家族 7頭で始まり、1時間ほど過ぎた頃に 2家族 2頭が遅れて参加。 総勢 7家族 9頭と 11名の参加があり、何の事故も問題も発生すること無く無事終了。心配してた天候も曇り空だったけど、ありがたいことに開催中は風もなく穏やかで何も心配する必要はなかった。
 各地域で行われていた防災訓練などのイベントも無事に終了した午後 3時過ぎ頃からポツポツと落ち始め、どうにか後片付けが済んだ頃に本格的な雨となった様子だったので、ずぶ濡れになるような被害は少なかったのではないかと思う。

 個別に撮った写真を眺めてて気がついた。もう 1頭、他の犬が挨拶に近づく度に歯をむき出して唸るビビリやさんが居たんだけど、最後まで飼い主さんがリードを離さなかったので、どうやら僕は撮るのを忘れていたらしい。
 名前も歳も性別も、ちゃんと聞いたはずなんだけど、完全に記憶から落ちてしまっていた、な。最後の全体写真を撮った際も、一緒に並ぶのを嫌がって飼い主さんの後ろに隠れてしまっているもの、ねぇ。

 アイリッシュ・セター のビアン君は最年長 11歳。トイ・プードルのルアン君は 8歳。
 顔馴染みなので小町の側から離れなかったジェックラッセル・テリアのリク君は最年少の 1歳。

 アリスは今年 11歳になるので、今回は上から 2番目に年長。小町は今年 7歳になるので 4番目になる。
 黒柴の銀河君は 3歳。好奇心旺盛で 1頭だけ池を周り対岸まで探検していた。

 遅れて来た 2頭はどちらも近所の顔馴染。
  7歳の黒いチョコちゃんの方は喜んで走り回り、3歳の白いルンちゃんの方はビビって飼い主さんの足元に隠れてしまっていた。

 天候に恵まれたので、今回の試みは幸いにも好評で、参加者からも定期的に開催して欲しいとの要望が上がった。想像していた通り、市内近郊では犬を放して遊ばせてやれないから、飼主も飼犬もノーリードで遊べる場所に飢えている様子が伺えた。
 小町より大きな 11歳の大型犬は昨年に死にかけて、それ以降は後ろ足の筋肉も落ちて立てずにいたのが、どうにか散歩できる状態にまで回復したらしいけど、まさか、こんなに走り回るとは思わなかったと飼い主さんの方が驚いていた。沢山の刺激がある方がボケたり老衰になるのも進行が遅くなるのは、人も犬も一緒かも知れないねと話をした。

広告

2 Responses to わんわん集会場 開設

  1. ピンバック: H28年度第 1回わんわん集会場 | 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: H28年度第 3回わんわん集会場 | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。