災害時に飼犬と(その2)

 自然災害は自らの生死をかけた生存競争だが生死を分ける出来事は、もはや幸運とか不運としか呼びようがない。何が悪い訳でも無い。その時に誰かに助けてもらおうなどとは最初から当てにしていない。
4 何はともあれ「生き残ること」これに尽きる。それも僕の場合、必ず「飼犬と共に生き残る」こと。そうでなければ意味が無い。

共に生き延びる。

非常事態に備えて(その2)

この投稿の続きを読む

広告