デッドプール

 今月の「映画の日」は字幕版がラスト公開日となった「デッドプール」を観てきた。6月 1日から公開だったから、ちょうど丸 1ヶ月間の公開だった訳だ。
 スーパーヒーロー物ではあるものの、かなりコメディ色が強い。驚いた事にシリアス色の強い『X-MEN』シリーズから派生した映画の一つらしい。それにしても随分と毛色が違うよね。
 中学生以下の子供は観に来ちゃいけない R15指定のついた映画ではあるものの、逆にそれが幸いして世界中でも大ヒットした映画なんだそうな。

A000 そういった意味では、宮崎じゃわずか 1ヶ月間の公開ということは国内では、いまひとつだったんだろうか。
 詳しい事は分からないけど、僕らが観た最終日は結構な人が入っていたと思うけどね?
B002 元々中に入っている主人公は、かなりのイケメンさん。物語全体がコメディって事で随分お喋りな性格になってたせいで極端に三枚目寄りに振っている様子だったけれど、かなりノリノリで似合ってる感じだったよ。

 物語自身は X-MENの様な大げさなものじゃない。ただ単に元のハンサムな容姿に戻りたいがためのと、捕らえられた恋人を取り返そうと仲間と共に奮闘するという話だ。壮大な SFという訳じゃないからこそ面白いのかな。
 様々な部分で X-MENと話題や設定が繋がっている割に、主要な X-MENのメンバーは誰一人として出ては来ない。助っ人として 2名だけが出てくるだけだけど、それにしたって特別に有力メンバーという訳じゃなさそう。

B000 敵役の俳優は昨年観に行った「トランスポーター 4」の主人公だった人。
 主人公とタイマン張れるほど強い。かなり強い。しかしムキムキのタフガイなので本名の「フランソワ」が女性名だから本名で呼ばれるのが大嫌い。
 故に、子供みたいにムキになって本気で怒る。
B001 部下の女性戦士。こちらも、とんでもなく強い。仲間である X-MENメンバーの金属男を軽々と投げ飛ばす上に、かなりのタフ女。彼女もフランソワ自身もデッドプールと同様、謎の民間組織によって造られた超人らしい。
 もしも彼女だったりしたら素直に恐い。だからこそ彼氏も彼女以上にタフな奴じゃないとダメなんだろうな。

 エンドロール内でワザと「予算がないから続きは作らないよ」ってな感じで終わっていたけれど、公開後に人気が出たので「第 2話」製作話が進んでいるそうな。あくまでもネット上の噂話だから本当かどうかは不明だけど。
 もしかして次回は、死んだと思っていたフランソワがサイボーグに改造され、彼らの前に立ちはだかり因縁の対決に決着をつけるって話にでもなるのかね?

広告

One Response to デッドプール

  1. ピンバック: LOGAN/ローガン | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。