枇杷の木を短く切った

 庭に生えている枇杷の木、背が高くなりすぎて夏に実がついても、このままでは収穫しようにも手が届かない事態にもなりそうだったので、この際だから思い切って切った。
 実は一昨年にも中心となる幹の芯を積んくじっていたのだけど、脇芽の枝が高く伸びてしまったので仕方なしに、さらに短く今年は切り詰めたわけである。

この投稿の続きを読む

広告