台風 16号で自宅の屋根瓦が落ちた…

dsc_8776 先日の三連休の最終日に九州を通過した、小型で強い台風 16号。夜半に最接近し、それから朝まで一晩中二階にある寝室が揺れに揺れて、僕は一睡もできずにいた。

 県北部では、延岡市内で北川が氾濫し道路の冠水や床上浸水、日向市内でも浸水で救助要請、宮崎市内では佐土原で突風が小屋を吹き飛ばし、江田で土砂崩れが発生した。河川の警戒水位を超え避難命令が出た箇所もある。
 今回の台風は小型だった割に、雨も風も強く、降水量も半端じゃなく降った。夜中眠れずに窓から外を覗いたら、自宅前の道路は完全に川になっていた。
 台風は宮崎を早朝には通り過ぎ、停電にならなかったのは幸いだったと思う。午前 7時には雨も上がり、午前 8時から快晴となった。その意味では、幸い自宅周辺には大きな被害はなかったが、我が家では屋根瓦が落ちていたし、知人宅では夜中に酷い雨漏りになった、とのこと。

 幸い、落ちた瓦の破片に当たって怪我した人はいない。本当にギリギリの差で大きな破片が自分の車の上に落ちずに済んだ。さてさて屋根の修繕に一体いくらかかるのやら。落ちた瓦が多くても少なくても手間は同じだけ掛かる、特に角だから場所に合せて瓦を切って加工しなきゃならないので割高感は有るだろうなぁ。雨樋も割れてるし…
 とりあえず見積もりを貰うためにネットで屋根修理で検索し、市内でも出来るだけ近所にある店 2社に電話をかけてみた。こんな時はネット検索は便利、電話帳だと「見積もり無料」とかの情報が、そこに広告を出してくれてないと判らないもの。

 最初に電話した 1社は、電話した当日の夕方に様子を見に来てくれると言ってくれたから手っ取り早くこの会社に頼もうと思ってたけど、夕方になっても夜になって暗くなっても誰も現れず、携帯にも何の連絡はなかった。
 次の日、何の連絡もなくて夕方に突然来たらしいけど、ちょうどその時間に僕は犬と散歩&買い物に出てて留守。その事を近所のオバちゃんに聞いたけど、なんか不愉快だから多分、頼むことも無いと思うな。値段にもよるけど、もしも雑な仕事されたら後で僕が困るし。

 別に電話したもう 1社はウチに来れるのは当日は無理だから 22日の休日になると言われた。今日、本当に来るのかどうかは今の所まだ分からない。時間の約束が無く、直前に電話してから来る、との事だった。
 後から電話した会社には、既に 30軒近くもの問い合わせが入っているそうで、そう考えると今回の台風 16号は TVニュースにはならないでも細々した所で結構な被害を出しているみたいだねぇ。

—-

 そうして嫌な予感というものは得てして当たるものである…

 結局、午後 7時も 30分を過ぎてすっかり周りも暗くなって屋根の様子が見えなくなっても、誰からも両方の会社から何の連絡もない。当然ながら連絡無しで突然、見積もりのために下見にやって来たりも無い。
 電話で問い合わせた時には「今日 22日でなければ行くことができない」と自ら言っておきながら、自らが口にした約束さえ守ろうとしないばかりか、来れないなら来れないなりの「言訳の連絡」の一つも寄こさない。結局どっちの会社とも、いい加減で適当な仕事しかしないのかなと不安になってしまった。

 こうなったら仕方ない。明日の朝になったら、また別の会社に問い合わせてみるしか無い。予報では明日の県南部海沿いの天気は「所により雨」と出てたけど、家の周りだけは降らないことを祈ろう。
 一度でも不審感や不安感を持った会社には、再び問い合わせて苦情を言うつもりはない。だって自ら不愉快になるために、わざわざ電話する気力はないもの。
 
 適当な客あしらいをしている会社なら、そのツケはいつか巡り巡って自らの首を絞める事になるだろう。だから僕が、わざわざ指摘する義務も責任も無い。自分の精神安定のためにも、そんな会社は見限って別の会社を探した方がマシと言う事。
 あっちから放っかれたんだから、こちらも放っておくに限るわけ。いちいち波風を立てるより、他の会社を探して対処してもらった方がナンボか良いと僕は考える。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。