子猫が迷い込んで来た…

dsc_8798 昨日、朝の散歩の時に見かけた「迷い子猫」を、夕方の散歩に時にも見かけた。我が家の犬は 2頭とも猫に対する攻撃性が全く無いので、子猫の方が安心して寄って来た。
 見かけた道路は交通量が割と多い筋道なので、そのまま放っておくわけにも行かず僕らに着いて来るままに、自宅前につながる脇道まで誘導した。
 そこで、しばらく一緒に過ごしていたけど、一向に帰る様子もない。もっとも自分で家に帰れるものなら朝に見かけた後で既に帰っているはずである。人馴れし過ぎているので、おそらくは飼い猫が迷子になったと判断した。
 そう判断した訳は、目が開き体もしっかりしているし、目やにも無い。体毛も汚れていないで綺麗、蚤も見つからない。と言うのが主な理由である。

 我が家の 2ワンコにも一番最初にこそ背中を丸めて威嚇していたが、こちらが攻撃する気配を見せなければ逃げもせずにじゃれつくくらいなので、もしかすると犬を飼っていた家か、これまで犬を全く知らないで来たのか、あるいは警戒心の無い月齢の子猫すぎるのか。
 とりあえず一晩、保護することにして家に連れ帰った。半分は勝手に着いて来たんだけど。家の中に放してみたら一旦は直ぐに外へ逃げたものの 10分せずに家の前の犬をつないでいる玄関先まで戻って来た。家の中に入れ 2ワンコの夕食と一緒に、キャットフードを与えてみた。

 腹を空かしているはずだが、あまりキャットフードは食べようとはせず、僕が夕食に食べた残りの「餃子」を 1個だけ平らげた??? 一体、どういう飼い方をされていたのだろう、あまり想像もできないが???
 かなり人馴れしているし、ずっと人である僕に着いて来る。試しに小町と一緒に寝かせてみたら小町の方が困った様な表情をしたので、さすがに可哀想になって辞めた。

 多分、猫の習性として、かなり慣れないと難しいと思うのだけど、僕が横になって寝ようとすると僕の首元にすり寄って来て、顔に体やお尻をくっつけて一緒に寝ようとする。さすがに僕も顔の直ぐ脇にお尻を乗せられても嫌なので払いのけるのだけど、繰り返し繰り返し僕の体の上に登って来る。
 いつもは僕と一緒に寝てるアリスの方が嫌がって自から部屋を出て行ってしまったけど、子猫は朝まで僕の枕元にくっついて寝ていた。

 今朝の朝散歩の時、近所の猫屋敷化している家に行って聞いてみたけれど、自分ところの飼猫じゃ無いと言われ、近所でも見たことのない猫だとも言われた。そしてキャットフードを少し分けてくれた。
 仕方ないので、我が家の飼い犬と一緒に散歩させてみたけれど、大きな道路だと車を怖がって直ぐに他の車の下に潜り込んで動かないから、車の少ない所まで抱きかかえて行ったら、残りの道程は家まで歩いて着いて来た。

 僕の朝食を済ませた後、ワンコのドッグフード、子猫にキャットフードを与えてみた。カリカリは食べ慣れていないのか昨夜と同じ様に全く食べようとしなかったので「ゆで卵」を少しだけ与えてみたら、それをきっかけに与えたキャットフードを全て平らげた。
 今は、パソコンでブログを書いている僕の足元で爆睡している。さて、どうしたものか。

 どうやら我が家の近所の猫ではなさそうだし、犬友達の中には猫を一緒に飼っている人も居るけど、僕の知って居る範囲内に残念ながら子猫の飼い主さんはいそうにない。
 保護したからには最後まで面倒見るつもりで責任を持つ心積りではあるけれど、このまま我が家の猫にしてしまうのも、なんかなぁ…

 可愛いから、僕としては別に構わないんだけど…

 きっと元の飼主さんも探して居るんだと思うんだよね。ここまで人馴れ犬慣れして居る子猫って珍しいと思うから、これまでもちゃんと可愛がられて育って来たんだと思うんだよ、ねぇ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。