屋根瓦の修繕完了

 結局、見に来ると言っていた先月の 22日の翌日 23日の朝 10時を過ぎても何の音沙汰もなし。仕方ないのでネットでヒットした、屋根や外壁塗装がメイン業種の会社だったので敬遠していた 3件目の会社にネット経由で問い合わせをかけた。
img_4575 送信ボタンを押して 10分も経たずに携帯が鳴り 1時間くらい後、大体 12時過ぎ食事してる頃辺りに見に来てくれる事になり、実際には昼過ぎ 12時 20分頃には家まで見に来てくれるほどのフットワークの軽さ。

 築 30年を超えている我が家の瓦は、ここ最近では製造もしてない様な「セメント瓦」だったので粉々に割れた瓦の代わりを、どこからから似たような形をした中古を手に入れてこなくてはならない。
 実際の場所を測り、それから形に合わせてカッターで切って、はめ込んだ後で周りをコーキング材で固めてしまうといった処置をする事になった。

 幸い落ちた瓦 1枚分だけの修繕で済むと言われ想像していたよりも安い金額を提示され、担当者の印象も良かったのでその場でお願いすることにした。これだけ素早く対応してくれるなら今後、何かあった時にも直ぐに来てくれるかもしれないとの安心感があったからだ。だからこそ家の近くに会社の在る業者さんを探したんだ。
 今回、僕が頼んだのは「光和建装」という会社。そう難しい作業じゃないからと、職人じゃなく代表の方が来た。気さくな方で、良心的で腰の低い方だったので、一緒に作業を見守っていた近所のおばさま方からの印象も良かった様子。何かの時は頼みたいから、と名刺をもらっていた。

 準備が出来次第 26日 (月曜) か 27日 (火曜) に来て作業してくれると言われた。あいにく月曜日は友人が日南から遊びに来る予定になっていたので駅まで迎えに行かなきゃならないので僕が留守。
 家の外でする作業だから別に留守にしてても構わないと言われたけれど、支払いをその場で済ませたかったので、準備が出来て確実に来れるという火曜日に作業してもらう様に頼んだ。

 しかし恐れてた通り屋根瓦のない屋根板がむき出しになっている状態で、土曜の夜から日曜の夜そして月曜の朝、火曜日はほぼ半日間と 4日間立て続けに雨が降った。
 それも日曜日、月曜日、火曜日と、かなり強めの雨が降る。幸い 1日中ずっと雨ばかりという訳じゃなかったし、ゲリラ豪雨ばりの雨ではあったけど台風並みに強い風が吹くと言った感じではなかったから、不安ではあったけれど場所がら雨漏りの心配はなかったので助かった。

 作業自体は、瓦を寸法に合わせて切るのが手間だっただけで、屋根に登っての作業は直ぐに終わった。割れていた雨樋の交換も、部品を買って来るのに余計時間がかかったくらいだ。
 日頃の行いが良かったのか、作業中に雨が降ってくることもなったし、瓦も濡れていないから滑って足が取られる心配をしなくて済んだのは、見てる方にとっても良かったよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。