AirMac Time Capsule 2Tを設置した

 先日届いたばかりの MacBook Air 13-inchだが、これを高速 Wi-Fiでつなげたかったので、対応製品を物色していたら、同じ整備済製品の中から AirMac Time Capsuleが出ていたのを、もっけの幸いと注文。
 日曜日の夜に時間指定していたが前日の土曜日の夜に届いた。時間が取れなかったので月曜日にセットアップして約 1週間使ってみた感想。
 ふと Appleのノートと無線 LANの組み合わせに以前の記憶が蘇ってきた。当時はアナログ回線のダアルアップ環境だったから、今みたいな光回線のスピードなど望むべくもない。もっとも当時は 10BASEが主で徐々に 100BASEに切り替わろうとしてた時期だったから、別に大した問題にもならなかったけど。

 かれこれ 15年以上も前になるけれど iBook G3と一緒に UFO型の初代 AirMac Extreme Base Stationを使っていた時期が 1年半ほどあった。当時メモリ増設を含め iBook G3に AirMacカードも別売りだったから、一式で購入し店舗にて装着してもらった。その頃は、これらを自分でやるとメーカー保証が効かなくなる恐れがあったからだ。
 どうせ今じゃ田舎ゆえに以前の様にマニアックな専門店も無くなってしまったので、もしも必要ならば保証が切れた頃を見計らって自分でやるしかないんだが。

w000 我が家に届いたばかりの MacBook Airの基本システムは OS X El Capitanだった。
 自分の使いたいソフトの中には VMWareも含まれてたので macOS Sierraに変えずそのままの状態で使っている。

 当然 MacBook Airの Time Machine用にネットワーク・ディクスを設定した。他にも NASとして、これまで撮り貯めてきた写真や動画とかも保存。あと PDFも。
 さすがに 500G近くあると、転送に時間がかかり丸 1日何もできなくなるのは困るので iMac (20-inch Mid 207)を専用に割り当てて作業した。

 基本 MacBook Airは作成中のファイルしか保存しない。終わったものは順次 NAS上に保存する様にして、ダウンロードしたファイル等も極力ローカルには保存しない様にするつもりだが、さて…

csfzbatcvmfafodz-huge そんなこんながあるので AirMac Time Capsulenの底を開け内臓 HDDを、そのうち 2Tから倍の 4Tに変更すると思う。サーバー用の高速 HDDが安くなってからだから、まぁ来年以降の事だ。
 それまでは大容量の外付け HDDを接続して頑張ろう…

 Time Capsulenは、これまで無線 LANを置いていた場所へ入れ替わりに設置した。
 設定には有線 LANケーブルを接続できる MacBook Proがとても便利だった。否、なければ却ってやり難かったと思うので Pro様々である。

 こんな時は割と簡単に接続できるインタフェースの色々と揃っている機種の方が何かと小回りが効くので、やっぱり便利である。

広告

One Response to AirMac Time Capsule 2Tを設置した

  1. ピンバック: 小町「子宮蓄膿症」で緊急手術 | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。