H28年度の最後は賑やかに (^-^)/

 今年度最後のプチ・ドッグラン「わんわん集会場」は、暑いくらいに春の陽気の中で、総勢 7世帯 11名 7ワンコと 1ニャンコの参加で、とっても賑やかに締める事ができました。
 参加してくださった皆様、ありがとうございました。来年度も宜しくお願い致します。m(_ _)m
 翌日の月曜日は朝からパラつき昼前には土砂降りになったんだから、何が幸いするか分からない。最後に上天気になって、本当に良かったと思う。

 初めて参加が 3世帯。1世帯は大塚地区の近隣でもある「小松」の方から参加。「えらく遠いところから」と思って地図を見たら大塚町上区の少し北に位置する。散歩に 1時間近く歩いてるらしく、大塚地区内も範囲なんだそうな。
 言われてみれば僕らだって隣接する「大塚台」「生目台」「生目」「花山手」周辺まで歩き回っているんだから、まぁ似たようなもんだわな。

 参加犬は、これまで参加した事のある「るんちゃん」「銀河くん」「海くん」に我が家の「ありす」と「小町」それに漏れ無く付いて来る付録の「すみれ」
 今回の初参加は T.プードル「ティアラちゃん」ビーグルの「ジルくん」そして大きな体の黒ラブ「ベリーくん」
小さな子も大きな子も同じ場所で、一緒に遊びます。

 今年、我が家のアリス 12歳、小町 8歳になるが、他の犬達はジルくんが 10歳で、あとは皆 2〜 4歳だとの事。参加してるのに、たまたま年頃のオスが多いから、それぞれの飼主さんは一発接触の危機が発生する事を心配してたけれど、これまでにも何度か会っているから特に何も問題は起きなかった。

 初参加の黒ラブ「ベリーくん」は、入る前に金網越しに激しく吠え立てていたのに、案外と中に入りたがらない。「臆病な犬ほど良く吠える」は、ここでも本当だねとは、飼主さんの弁。(^-^;)
 猫のスミレ並みに躰の小さな T.プーのティアラちゃんも最初は飼主さんから離れなかったのに、小 1時間もしたら広場の真ん中で匂い嗅ぎに余念がない。
「日頃は臆病で私から離れないのに」と、飼主さんの方が驚いていた。

 金網越しでは強面だったベリー君も一旦中に入ったら、まるで「借りて来た猫」の様に大人しくなってしまった。いきなり喧嘩するかもとドキドキしていた飼主さんご家族一行は、まるで肩透かしを食らった格好。
「案外、犬同士で互いに知り合って社会性を身につける方が、飼主があれこれ心配するより意外と簡単に事が進んで問題行動も減るのかもしれないですね」とは初参加者の言葉。僕は「当に、その意見に大賛成です」と返答。

 僕自身、飼犬の問題行動を減らす一番の方法は、飼犬の社会化を積極的に進める事だと考えている。犬同士の社会化は勿論大事だし、人間社会への積極的な関わり合いも同じ様に大切だと感じている。
 だから積極的に外に出て自分以外に他にも多くの犬がいる事、そして飼主以外にも沢山の人間が居る事を知り実際に体験してもらうのは、飼犬にとっても重要な事だと考えている。それこそが飼犬による不幸な噛傷事故の回避にもつながると信じているし、もしも避難生活を余儀無くされるとしても解決手段がきっとあると信じている。

 もっとも、飼犬がそういった事故を引き起こす飼主って、ろくすっぽ散歩にも連れ出さない、散歩中に糞を始末しない、指導や訓練をせず人の忠告や意見にも聞く耳を持たない人が多い様にも感じる。
 極端な実例を挙げれば、飼犬が問題を起こしても謝りもせずに知らん顔して逃げて行く輩も居て新聞沙汰になったりする。暴言すれば「飼犬は飼主の心の鏡。飼主の心が歪だからこそ、それを写した飼犬が問題を起こす」のだと、僕は考えている。責められるは飼犬ではない、常に飼主の方だ。

 …なんて偉そうな事を書いている僕自身、こういった事を最初から考えていた訳じゃあない。アリスを飼い始めた 11年前、それ以前は他所の家の飼犬や飼猫の事など考えた事など無く、ただ息子の事もあり「命に対する責任」への基本的な思慮は有ったにせよ、それらが自分とは無関係な犬猫にまで及んでいた訳ではない。
 以前にも述べた事があるけれど、今日迄アリスを飼い始めてから 11年の間に僕が犬猫を飼い育てているつもりで、僕自身が育てられていたことに気づくのに、そう大して時間はかからなかった。今では彼ら犬猫に感謝でしかない。そしてアリスを飼う事を決めた当時の自分自身にも。

 積極的に、こうした場所に来てくれる人は元々ちゃんと糞の始末などもしてくれている。言わないでも一生懸命、日頃から色々と人の事まで考えて配慮しながら行動してくれている方が多いから嬉しい。
 こういった心優しい人が今より減らない様に、もっと住みやすくなる様に地元を育て将来に渡って心優しい人々が一人でも増えてくれる事、それが今の僕と僕らの願いであり仕事なのかも知れない、ね。(^-^)/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。