食器を一回り小さくした

 しばらく前から、正式に飼猫も増えた事だし此処らでアリスのお下がりじゃなくスミレ専用に一回り小さくして、ついでに食器のデザインもみんなお揃いに統一してやろうと考えていた。
 実は 5年ほど前から当時の太り過ぎてたアリスの体重を半強制的に減らすため、一回り小さい食器に変えていた。今年に入ってからは猫のスミレへと割り当てちゃってたから、ね。

 これまでも犬猫用の食器は 100円ショップで揃えていたけれど、ダイソーでは大きめサイズの食器だと値段が高くなるので、同じ 100円ショップでも別系列の Seria (セリア) 店に出かけて購入していた。こちらはサイズに関係なく全品 100円+消費税だったから気楽に買えたし。
 おまけに肉厚で丈夫、重い分には人に不便でも犬や猫には食べてる間に動かなくて食べ易そうだった。何度か落として縁が欠けたけど割れた訳じゃない。ないのだが 6年ぶりくらいに食器を更新することにしたんだ。

 今回は、たまたま近所の(ってもちょい遠いけど)ホームセンター・ハンズマンに特売の猫砂を買いに寄った際、ついでに買ってきた品である。目的の特売品は既に売り切れてたけどね。
 ペット用じゃない普通の食器売り場で見つけた、強化磁器とかいうシリーズ物らしくデザインが統一されており、サイズに関係なく全品 100円+消費税だったんだ。

 色も綺麗で割れ難くても、樹脂製の食器は選びたくない。原材料に「ホルムアルデヒド」というホルマリンの原料でもある毒性の強い材料が使われているから。20数年前、それを知ってからは食器用途には避ける様になった。
 もう何十年も前から食器に使われるくらいなんだし、化合物なのだから原料がそのままの形で溶け出すなんて事は無く安全な物だと知ってても、単に気分的なモノだと頭でちゃんと解ってても、なんとなくだけど嫌なんだ。

 僕自身は基本的に自分が使うのも含め、飼犬や飼猫用の食器としても、この様な感じで色も形も全く飾り気の無いシンプルな品が好き。単に僕自身の好みの問題。
 可愛い模様や色付き飾り付きだとペットが勘違いして、いつまでもペロペロと舐め続けてしまう気がして、ね。
 だから、大きさを違えて同じデザイン物で、猫用だけでなく犬用にも買った。
 犬用なら、犬の口先(吻)が入れば OKだし、猫用なら器の中に頭がすっぽり入れば OKという事で、記憶に頼りながら大体の目安で買ってきたけど大丈夫だったらしい。
 これだったならドライフードの量が少なくは見えないので、それほど心が痛まない。

 新しい器は肉厚が少々薄い様で、持った時にだいぶ軽く感じる。人が手に持つ物としては使い易いが、ペット用の食器として考えると、食べ終わってペロペロと隅々まで舐める時に落とされないかが、ちょっと心配。
 あまりに食器が軽いと食べてる時、どんどんズレててってしまう。これまでにも何度か落ちても割れない様にと、プラスチック製やアルミ製を試してみた事もあるけれど、ズレまくって食べ難そうだったもので、ね。

 セリア店内に同じデザインで、もう一回り小さな器があれば猫用として 1個だけ買ってくれば良かったんだけど、小鉢向けの小さな食器は沢山あっても、これまで使っていた物と同じデザインのは残念ながら見つけきれなかった。
 安いけれど丈夫、何度も落として多少は縁の辺りが欠けちゃいるけど割れちゃいない。捨てるには勿体無いので、汁物とかスープをあげる際はサイズ大き目なのでこれまでの器を使い、ドライフードを与える時は新しく買ってきた器で与える事にしようって考えている。

 面倒くさくて実際に、そうするとは自分自身でも思えないけれど…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。