誕生日にドッグラン

 今日 7月 29日は僕の戸籍上の誕生日。満 56歳となる。還暦まで残り 4年、イヤハヤ何とも、はえーなぁ。
 もっとも戸籍上と言うだけで、実際は「へその緒の桐箱」の裏に書かれていた日付に気がついたのが高校生の頃。その年になるまで誕生日が違っているって事実を全く知らなかったのだけど、ね。
 それまで生年月日を基に計算する、占いの「数霊術」や「バイオリズム」にホロスコープを使う「占星術」でも、何時も自分と異なる「偽り感」が漂い、自分が自分でない違和感を持ち続けていたから妙に納得したのを覚えてる。単なる思春期特有の状態、本来の意味で使う所の「中二病」だと言われるだけかもしれないけど、ね。(^-^;)

 でもって出かけたのは 7月 26日の水曜日、この日が本当。綾の「ドッグラン・ジョイ」さんには午後 3時 40分頃に到着。それから約 2時間、だいたい午後 5時 40分頃まで滞在してた。

 ものすご〜く久々に、お馴染さんの中で最年長さんでもあるマイペースな「エコロちゃん」と会う。
 以前の様子からは全く想像できないけれど、今なら猫のスミレと一緒にしても何とも無し。元気そうで安心。
 初対面だった「ニコルちゃん」は散歩中に猫に出会うと嫌って追っかけるそうだけど、犬慣れしているスミレとなら不思議な事に全く問題無し。
 今回も、飼主さんの方がびっくりしていた。

 相変わらずコルセットが手放せない「ダンくん」背骨の椎間板ヘルニアは既に完治してると思うけど、素人目には判らない何かが有るんでしょうねぇ。
 黒柴の「ケンくん」は飼主さんの判断で、自ら隔離され隣の小さなサークルへ。一頭じゃ寂しいかろと、アリスと小町、ついでにスミレも移動。

 ケンくんも猫と間近に接するのは初めてとの事。一応、スミレの事はアリスと小町の仲間と認識しているらしい。
 挨拶した後は、普段とは様子の違う猫に困った様に少し距離を取って凝視めるだけで固まったまま何も出来ない。
 おっかなびっくりだった飼主さん、万一ケンくんが猫に飛びかかったらヤバイからと、対応できる様に水の入った洗面器をずっと腕に抱えてた。
 飼主さんの心配を他所に、後ろをソロソロと付いて行く程度で吠えたり走って追ったりもせず静かにしてる。何も起きないのに逆に面食らって立ち尽くしてた。

 僕らの来る前に、ニコルちゃんにガウったのでメロママに怒られていた「メロくん」は、ニコルちゃん一家が先に帰ったので口輪を外してもらえた。
 雷の音にビビり、隅の方へ隅の方へと逃げ回ってた。
 ニコルちゃん一家とは入れ違いになる形で、メロくんの大好きな茶柴の「ゆずちゃん」が来た。
 相変わらず安定したマイペースぶり。今回もガン見していた割に、スミレからは猫パンチを食らっていなかった。
 
 家を 3時過ぎに出ても 2時間近くのんびり出来たのは、平日に限り営業時間を 1時間延長してくれたマスター夫妻の優しい配慮のお陰。有難い事、感謝。
 ナイター設備とかは無いから陽の射す時間の長い時期だけの期限付きでも助かる。
 今年の芝生は発育が良く、全面が青々して触るとフカフカしている上に冷たくて気持ちがいい。

 猫のスミレにとって育ての親代わりでも甘々な小町と、基本放任なのに集団の和を乱す様な、例えばゴハンを横取りする強欲な行為に対して教育的指導が厳しいアリス。 
 スミレが犬の中に一緒に居て、並んでオヤツをもらう時に問題が起きないのはアリスがした指導の賜物だろうなぁ。

 一応スミレには猫としての自覚はある様子だけど、犬の中でも問題なく暮らせるのは、基本的に細かい事を気にしない「鷹揚な性格」なアリスの心の大らかさが影響しているのだろう。
 イタズラして汚したり壊したり散らかして怒られて、あまりに度が過ぎて僕から叩かれても大して気にも留めない神経の図太さまで真似してくれている。元々似た様な性格の犬猫が集まったのかもしれないけど、ね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。