コードレス掃除機 (実家編)

 先々月の末、電動工具メーカーとして割と名を聞く日立工機社製のコードレス掃除機 R10DAL(LMS)を購入した。実家用に購入した物を渡した後、約 1ヶ月程使用してみた両親の感想などを…
 今回は「実家編」って事で、実家の両親にプレゼントした品を実際に共に 90歳を超えた両親が使って見た上で使い勝手がどうだったかを聞いて見た。
 実家では、おおよそ 1ヶ月ほど使っている事になる。僕みたいに、ほぼ毎日使っているって訳じゃないみたいなので、父親が気が向いた時に使っているって感じだろうか。

 これまでにも気が向いたら小さな卓上用の箒と塵取りで、ちょこちょこ箒で掃いていた様子なので、僕と違って元々から綺麗好きな方なのだろうけれど。僕自身も盆休みを挟み 10日間ほど滞在した折に実家で使っていた。
 一応、高齢者向け掃除機として「どうなのか?」という観点で述べて観たいと思う。

 コードレス掃除機は軽い分、大して吸引力は大きくない。同時期に購入したパナソニック製の紙パック式掃除機は購入価格こそ安いけど仕事率は 520 〜 60Wでコードレスの 24Wを軽く超え2倍以上ある。
 実家は少なくとも宮崎の僕の家よりも広い。元気だとはいえ、さすがに共に 90歳を超えた両親だけで掃除するには広すぎる。

 おまけに最近では、吸引力の強い掃除機だと畳や床に吸い付くから、ちょっと動かすのもままならないとの事。
 体力も力もある間ならパナソニックの紙パック式 1台で十分。以前なら掃除機本体、キャニスター部を片手で移動しながら掃除する事も大して苦になる事もなかったが今は 2.6kgでも無理、運べないそうな。

 いくら吸引仕事率が大きくても使わなけりゃ全く意味がない。もとい、使いたい気持ちはあるけど使えなくっちゃ意味がない。誰かが時間を割いて掃除しなくちゃ何処も綺麗に成りはしない。

 今から新しい仕組みを覚えるのは苦痛なので、これまでの掃除機と同じ使い勝手の製品が欲しいと要望されて購入したけれど、母では掃除機を片手で持ち運ぶのは無理なので階段や二階の部屋を掃除するのは僕らが帰った時だけとなってたらしい。実質、使ってないってのもあるけど、ね。
 コードレス掃除機はバッテリー込みの重量が約 1.2kgなので重さは半分以下。お陰で、すっかり足腰の弱くなった父が手すりに摑まりながら片手で階段を登りながらでも掃除する事が可能になったそうな。

 そう言った意味でも実家用に購入し、プレゼントして正解だった様子。ちょっと食べこぼしてまった豆なども、一々床にしゃがまなくても気軽に掃除できるし、コードレスなので掃除ついでに階段も、ついでに二階の部屋もって感じで次々と移動できるのが楽しいらしい。
 お盆の飾り付けと後片付けの時も活躍してた。また、ハンディタイプになるので仏壇の掃除も楽だったし、押入れの中を掃除するのも楽だった。

 気軽に掃除できるけど、ゴミタンクが小さいので結構頻繁にゴミ捨てしなくっちゃいけない。初めから分かっていた事ではあるけれど、ゴミ捨ての際に埃が舞うのが欠点と言えば欠点。
 あまりにも頻繁に捨てるから、とても紙パックなど買ってられないけれど、その都度に細かい埃が宙に舞うのは、確かに元から分かっていた事ではあるけれど正直言って嬉しくない。
 実家にはダストカップ清掃用に小型のハケも一緒に渡したので、中に付いた細かな埃を払うのは楽だけど、その都度使い捨ての紙製マスクをしなくちゃいけないのも面倒と言えば面倒とも言われた。
 何れにしても結構頻繁にちょっとづつ気軽に掃除する様になったから、重い掃除機を抱えなくてもよくなったのは良かったのだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。