朝の散歩に出れないヨゥ…

 金曜日から連日、ずっと雨模様の日々である。今回のは恐らく台風 18号の影響だろうけれど、もともと今の時期は秋の彼岸を挟み、季節の変わり目「秋の長雨」の季節でもあるのだ。
 「梅雨前線」に対し「秋雨前線」とか「ススキ梅雨」とか言われてて、夏の終わりを示す季語にもなっている。

 我が家に住んでいる 2頭の犬と 1頭の猫は基本、散歩中に排便を済ませるから、一昨日の金曜日、昨日の土曜日も朝の散歩に出られずに我慢していたのだ。
 金曜日は夕方、土曜日は昼前、激しかった雨が小降りになった時に外に出れたけど、さて今日はどうだろう。

 昨日の朝は、土砂降りに排水が間に合わず家の前の道路に水が溜まるほどだったから散歩は出かけられなかった。台風の方は、おそらく今日の午後には通り過ぎるだろうけど雨風はどうなるだろね。
 我が家の子らは、そもそも排泄に関しては日頃から朝に行けないでも苦にはしていない様子だが、それでもあまり長い時間を我慢させてしまっては彼らの腎臓や膀胱に負担をかける事になる。
 それが基で病気にでもなられた日には僕が困る。そうなんだ、それは非常に困るんだ。

 保険の効かない彼らの治療費を捻出するには、決まった収入の無い僕にとって、日頃から食費を切り詰めても全く追いつかないから、だ。 (>.<)
 「ピンピンコロリ」が良いのは何も本人だけでは無い。後に残される者にとっても、おそらく一番負担が少ない。それは経済的にも、精神的にも。
 僕の場合、彼らに病気になって長引かれると困るのは、経済的な負担だけじゃなく「重度のペットロス」になりそうな妙な自信があるから、なのだが…
 恐らくペットロスになるより先に、次の子を手配する事になるだろうなぁって今もボンヤリと考えている。

 泣いても笑っても数年後に、その日は必ず来る。避ける事は絶対に出来ない。万が一でも彼らを残して自分の方が先に逝く訳にはいかないが、天災や事故に巻き込まれた場合は自分ではどうにもならない。
 警告されている様な大きな自然災害、地震や津波なら自分も彼らと一緒に逝けるかも知れない。その時はその時で素直に受け入れられるかも、だけど迫りくる災害に対し諦めて「天命を待つ」なんてはしおらしい考えは毛頭ない。最後まで生き残りをかけて足掻くだろう。第一、先ずは「人事を尽く」さなきゃあね。

 天災に備えて日頃から犬猫用の食料を買い置き、ペットボトルへの飲料水の確保などを行っているんだから、仮に何かが起きたとしても自分達だけは生き残るつもり。そんな気概でもなけりゃ「備える」なんて事しない、さね。

—-< 補 足 追 加 >—-

 ちなみに上記 2つの GIF動画は、今朝 6時から 12時まで 1時間おきに撮った台風の動きと雨の様子。午後 1時現在 30分ほど前から上空の雨風共に、だいぶ静まっている様子。今のうちにワンニャン連れて散歩させてこよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。