アニメ Infini-T Force

 僕自身、ほぼ 4編の全 TVアニメをリアルタイムで観ていた 50代のおっさんだからねぇ…

 つい先日、偶然知った事なんだけど、今月の頭( 2017年 10月)からタツノコプロ 55周年記念作品「Infini-T Force(インフィニティ フォース)」が放送されているんだそうな。

 タツノコプロの特設サイトで公開されているムービーに因ると、来年 2月に映画公開する予定との事で、既に準備しているんだそうな。今の所 TV版を観る事は出来ないから映画版を観に行くかもしれないな。但し予定が合えば、なんだけどね。
 どう考えても「おっさんホイホイ」の罠に自ら入る、おっさんの一人だよな…

 そもそも近年、実家に戻った時以外では TVを観る機会が全く無い。観る予定も無い NHK受信料を支払いたく無いという理由で、宮崎市内にある自宅には地デジを受信できる機器をワンセグ携帯も含め 1台も持って無いから知らなかったんだけど、さ。

 Wikipediaに因れば、それぞれの放映開始は下記の通り。

  • 科学忍者隊ガッチャマン    1972年 10月
  • 新造人間キャシャーン     1973年 10月
  • 破裏拳ポリマー        1974年 10月
  • 宇宙の騎士テッカマン     1975年 7月

 全編ほぼ欠かさず観てたのは「ガッチャマン」と「キャシャーン」位で、他の「テッカマン」は最初の一部だけ、残りの「破裏拳ポリマー」の方は目にしている筈なのだが記憶がない。僕の趣味に合わなかったか、放送時間にズレが有ったんじゃなかろうか。

 僕の実年齢で言えば「科学忍者隊ガッチャマン」の放送が11歳、小学 5年生という事になる。「仮面ライダー」は 3〜4年生だった気がするし「ウルトラ Q」から始まるシリーズは、もっと前で幼稚園にも行ってない頃、まだ実家に白黒 TVも無かった頃だと記憶してる。
 僕の中に、近所の家に観に行って晩御飯の時間になっても家に戻らなかった記憶が残っている。多分、こんな事が何度も繰り返されたんで僕が幼稚園に入る前の 4〜 5歳の頃に仕方なく父が中古のモノクロ TVを親戚から譲り受けてきたんじゃ無かったろうか。3歳の頃に「東京オリンピック」を家で観ていた記憶が無いから、その頃はまだ実家に TVは無かったんだろうなぁ。

 僕自身が夢中になって TVを観ていたのは日立の TV、キドカラー「ポンパ」が発売され小学 1年の頃に近所の空に飛行船が浮かび、その後に実家にカラー TVが来た筈なので既に小学 2年生になっていた。その後 UHF放送が県内で始まり、それに合わせて民放が VHF向けの MRT局と UHF向けの UMK局の 2局体制になったんだ。
 それ故にモノクロ・アニメは再放送でしか観た記憶が無い。代表的なのは、恐らく「鉄人 28号」「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「宇宙少年ソラン」「遊星少年パピイ」「スーパージェッター」「エイトマン」等で、それ以降の作品「流星仮面」「オバケのQ太郎」「怪物くん」とかはリアルタイムで観てた気がする。他にも沢山のアニメ作品は在るだろうけど、当時 1局しか無い地元 TV局では放送されていなかった作品だってある筈だ…

 宇宙戦艦ヤマトの放送は中学 1年生だったから TVアニメを観てたのも、中学生で最後ら辺になる。高校生になった頃はアニメに限らず、既に TV自体を観なくなっていたからねぇ。
 かろうじて「ザ・ベストテン」や「なるほど! ザ・ワールド」の記憶が少し残っている程度で、これさえ毎週欠かさず観ていたという記憶は残って無いんだよな。

広告

One Response to アニメ Infini-T Force

  1. ピンバック: ガッチャマン「さらば友よ」 | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。