THOR 3/ラグナロク

 先日、映画好きの友人と『マイティ・ソー バトルロイヤル』(原題: Thor: Ragnarok)を観てきた。
 原題と邦題が異なるのは既に「お約束」化してるので、もはや突っ込む元気もない。尚ネタバレを含むので、これ以降の閲覧は自己責任にて、よろしくお願いいたします。m(_ _)m
 前作に続く『マイティ・ソー』三部作の最終章との事。物語的には続いてない様な気もするけどね。主人公を含め主な俳優さんは続投。物語は来年 4月に公開予定の「アべンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に続くらしい。

 序盤、日本人俳優さんは何の手出しも出来ず完璧なまでのヤラレっぷり。世界が崩壊した後、彼が生き残れたのか否かは不明。多分、無理だったんじゃないかな?

 圧倒的な強さを誇る「ヘラ」姫、主人公の実姉になる。端的に言ってしまうと、つまりは異世界を巻き込んだハタ迷惑で派手な姉弟喧嘩って事だわ。

 今回も実に良い味を出してた義弟「ロキ」王子。若干、年食って表情から悪戯小僧的な雰囲気が薄れてしまってるのは仕方ない事だよね。

 初顔の女戦士。かつて「オーディン」王と「ヘラ」姫による派手な親子ゲンカに巻き込まれ、一族郎党が彼女を残して全滅したため、王族に対し深い恨みを持ってた。

 序盤で姉に頼りのハンマーを壊されたため、中盤にかけ全く良い所の無い主人公。あまりに心が弱すぎだろ。
 終盤で雷神の力に目覚め、やっと体面を保てた様子。

 虹橋の新門番さんは初顔。ヘラ姫の力に屈し一時は軍門に下るも、最後に美味しいところを持って行った御方。
 前の門番さんは、レジスタンスとして地下で大活躍。

 物語は割と忠実に北欧神話の「ラグナロク」を下敷きにしてるので、映画的にとても派手で面白くて楽しい。元々が漫画なのだと割り切っていれば、素直に楽しめるんじゃないだろうか。
 ぢゃ次は「シビル・ウォー」で表舞台から一旦引っ込んだキャップテン★アメリカの代わりに活躍が期待される、来年 3月に公開予定の「ブラックパンサー」だよね。今から楽しみ〜

広告

One Response to THOR 3/ラグナロク

  1. ピンバック: インフィニティ・ウォー | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。