H29 Xmas のドッグラン

 兼ねての予定通り平成 29年、今年最後のドッグランはクリスマス当日 12月 25日(月)になった。有り難い事に、前日の嵐みたいな雨風とはうって変わり快晴になってくれた。
 この日にしたのは、我が家の 2ワンと 1ニャンへのクリスマスプレゼントの代わりという意味合いも有るのだが、翌 26日からは年末年始で実家に帰って正月への準備など色々手伝う予定になっていたからである。
 僕らは午前 10時15分に着き、午後 2時15分までの 4時間ほど滞在した。午前中は風も無く暖かかかったのだけど、午後からは少しばかり風が出てきて若干肌寒く感じる様になった。

 最初はお客さんが誰も居なかったので、先ずは店長犬の「りゅう」君とアリスと小町は遊んでた。
 オーナー夫妻の話だと少しづつ目も耳も悪くなってて、後足も弱くなっているとの事だったけど、パッと見た目は普通で元気に走り回っているように感じた。
 しばらくして、午前 10時 30分頃から 1時間ほどトイ・プードル「プレジャー」君が入ってきた。
 オス同士となるので「りゅう」君は外へ出た。
 
 この日の午前中にやってきた犬客は以上。さほど風も強くなく日射しも暖かな、ちょっとした「小春日和」の感じになっていたので助かった。
 正午を過ぎた頃から少しばかり風が出てきた。風が止むと暖かいけれど、風が吹くと肌寒い。まぁ 12月なんだから、これが普通なんだけど、気のせいか昨年や一昨年に比べると今年は特別に寒く感じる。

 午後 1時頃にコーギー「ユキ」ちゃんが来た。入る前から興奮しててアリスに吠え掛かって来たから、ちょっとだけ入口でアリスとバトル。直ぐに引き離したけど、その後は普通に匂い嗅ぎしたあと、お互いに無視。
 猫のスミレが気になって仕方がない様子だったけれど、おっかなびっくりで全く近づけない。
 午後 1時半頃にいつもの M.ダックス「ダン」君。背骨を保護していたコルセットを外したら見た目も細く、以前に比べても身軽な様で、父さんに付いて歩く足取りも軽い。
 まだ 10歳なのに目が見え難くなってしまっている様子で、まだ完全失明では無いらしいけど歩いている際に時々物にぶつかってしまう、とのこと。

 今年は、これでドッグランはお終い。次回は新年の営業開始 1月 5日(金)に合わせて遊びに行く予定。これまた天気が良ければ、なんだけど。
 翌日の土曜日は地区の自治会役員をしている関係で成人式の準備、日曜日は式典スタッフとして駐車場係の担当になっている。だから、できるなら天気が良くなって欲しいって願いはある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。