新型 N-BOXは案外お得かも

 軽自動車の割に N-BOXは価格がバカ高い物だと感じながら色々と装備を眺めていたら、当然だが時代の違いもあるのだけれど意外にお得なのかもと考えを改めた方が良いような気分になってきた。
 僕個人で乗る分には N-WGNでも十分過ぎるのだが、後ろの座席に共に 90歳を超えた両親を乗せて移動することを考えたら昨年発表された新型 N-BOXの方が良いという結論に至ってからカタログを舐めるように隅から隅まで眺めて感じる様になったのだが、それは単にメーカの宣伝文句に乗せられているだけかも知れない。
 僕自身の車両基準としては、一番最初に手にしたワンダー CIVIC 3door Siが指標になっている。どうしても記憶の中と比較してしまうが、運転の楽しさや怖さを教えてくれた最初の車なんだから、まぁそれも仕方ないだろう。

 今回の新型 N-BOXになり大幅に軽量化され乾燥重量は 890kgとなった。この重量は、偶然にも CIVIC 3door Siと同じとなっていた。
 車幅の関係なのかホイルベースが広がっているにも関わらず何故か最小回転半径は 4.5mで、こちらも CIVICと同じだから Uターンする時などの取り回しも、今乗っている FITとも同じだから、感覚も同じでイケるって事だ。

 当初は色の濃い青か緑にしようと考えていたのだけど、夕方に薄暗い影に入った時にも目立ち、汚れや擦り傷等も目立たない様な明るい色。モデルチェンジの際に新色追加されたモーニングミスト・ブルーにしようかと思案中。
 これならイメージ色にも使われているしフロントライトやグリル周りのメッキが目立たず、おとなしい印象を演出できるかもって考えた。だって運転は楽しめても走りそのものを楽しむ性格の車じゃないからね。
 エンジンは NAを選択。ターボにするなら FIT 1300ccの方が良い気がしたし、乾燥重量が大人 1人分は軽くなっているのなら不要かなって考えた。
 歴代のエンジン技術が惜しげもなくてんこ盛り。順に挙げると DOHC, PGM-Fi, i-VTEC等々これまでに乗ってきた車に差別装備として搭載されていた技術が全部込みだ。

 燃費は JC08で 27km/Lとなっているが仮に 2割減と考え 20km/Lを下回る事はないだろうと期待した。
 タンク容量が 27Lと FITの 42Lから 15L分も減っているのが大きな理由だが、満タンで最低でも 500kmは走行できなきゃ価値がない。

 高速道路を走るんでも時速 80km 〜 100kmで走行したとしても満タン時にせめて 600km程度走って欲しいって願いもある。NAなら期待できそうだった。

 ギリギリまで悩んだのは、僕にとっては余計なお世話とも感じられる標準装備の「Honda SENSING」を、外すか否か、だった。結局はつけたままにする事にしたけれど。
 どう考えても今の僕にとって余計なお世話的な機能にしか感じられないけれど、これが 13年後となると僕も 70歳となる。法規制により仮に 75歳で免許を取り上げられるかも知れない。75歳まで同じ車を乗り続けるか再び新車に買い換え再度 13年乗るかは、その時になってみなければ分からない。或いは父と同様 89歳まで元気に運転しているかもしれない。そんなに長生きできないかも知れない。

 その頃に注意散漫な運転にならないとも限らないし、今までにも極僅かではあるけれど、数回「ヒヤリハット」を体験しているから、万が一の危険を回避してくれるのなら、わざわざ外さなくても良いのかなと考えた。
 そんなこんなで新型 N-BOXの標準装備をトータルで考えてたら意外と「お買い得な車」なのかも知れないと感じる様になったんだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。