ほそしま いわがき

 って事で割引券を使って早速 18日の昼に「細島 岩牡蠣」もとい「ほそしま いわがき」を食べてきました。
 僕は少し早めの 11時に店に入ったのだけど、僕の後から次々とお客さんが入ってきました。どうやら「いわがき」目的の客は僕だけだったみたいですけど、ね。
 他は、普通に「お昼ごはん」を食べるために入ってきた旅行客か家族連れの方達ばっかりだった様子です。


 一人分で岩牡蠣 1kgと言っても「殻つき」なので、僕の場合は 4個だけ。これなら十分一人でも食べられます。
 大きさにより 4 〜 7個とバラツキが有るそうです。
 自分でも各テーブルの前で焼けますが、殻つきの場合は焼き加減が難しいので今回は素直に店の方に頼みました。
 約 5〜 10分ほどで焼き上がるそうです。うまそう。

 殻を持つ僕の手と比べて見れば判るでしょうが、たった 4個と言っても一つ一つは非常に大きいのです。
 ご飯は別途「おにぎり」を注文。量的にも丁度良い感じです。これ以上食べたら、きっと僕は食べ過ぎで腹を壊したでしょう。

 味は、自然の塩味に、これまた日向市原産の「ヘベ酢」の柔らかい酸味が旨さを引き出してくれました。じゃ普通の牡蠣と比べて「どうか?」と問われると、まさかカキフライとは比較できないし正直、返答に窮しますね。30数年前に生で食べた記憶の中の酢牡蠣とは味の濃さが違いますし。
 強いて言えば、確かに牡蠣なんでしょうけど、あまり牡蠣のような感じはしません。強烈な個性は無いです。生臭いのが苦手な方でも、さほど気にせずに行けるのでは無いのかな、なんて無責任に言っちゃいます。単に僕が気にならなかっただけなのかもしれません。

 汁は、しょっぱくて飲めませんでしたが…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。