MacBook Pro に SSDを搭載

 以前に入手し Windows ノートへ内臓していた SSDを MacBook Proへと移植した。
 内臓 HDDを高速な SSDに変えたのに約 2年もの間 Windows ノートの方を大して使わなかったので、折角の高性能が勿体ないと感じたからだ。
 およそ 4年前に高回転の HDDに変えていたので、今回で 4度も交換したことになる。恐らく、これが最後の改造になるんだろうなぁ…

 高速回転 750G HDDから 240GのSSDへの換装となるから容量は 1/3以下となる。アプリは厳選しなくっちゃ。
 
 とか言いながら、再インストールするのはあまりに面倒だったので、以前の内臓 HDDを外付け USBケースに保管していた物からバックアップ復元し最新データ移行で済ませ、全てのアプリと macOSのアップデータを当てるため夜間に放ったらかしで朝には終わっていた。

 システム全体を含め大幅に個人データ領域が少なくなった。お陰で無線 Time Machine バックアップが使えるようになる。これにより Time Capsuleに保存するのは Airと Proの 2台分となる。
 最初のバックアップに、これも夜間に開始し半日かかったし。なんだかんだで 延べ 3日間 MacBook Pro上では何もできなくなってしまっていた訳だ。

 そのうち 3D NANDフラッシュの SSDとかも安くなって、やがて 1Tの SSD搭載が主流になるんだろう。現状では過渡期だろうし、お金も無いから手の届くところに降りてくるまで静観してるしかないけど、ね。

広告

One Response to MacBook Pro に SSDを搭載

  1. ピンバック: macOS Mojave に備えよう…ってさ | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。