新型 EOS Rシリーズ

 先日 9月 7日に気がついた。先月のニコンに続きキャノンからも新型 35mmのフルサイズ・ミラーレス・デジタル一眼カメラ EOS Rが発表されていた。
 発表は 9月 5日だったらしいのだが、どうやら発売は 10月下旬になるとのこと。

 両社を比較していまると示し合わせたかのようにサイズも重さも似た仕様。おそらくは現況で用意できる部品規格が同じ様な物になるから、なんだろうね。
 こちらも全国で展示会を開催。会場は 11箇所の都道府県で行われる、とのこと。ニコンは 7箇所だった。九州圏では福岡と熊本の 2箇所で開催される。どっちにしろ宮崎からは遠いけど…

機種名 Z 7 Z 6 EOS R
撮像素子 4,575万画素
裏面照射型CMOS
2,450万画素
裏面照射型CMOS
3,030万画素
デュアルピクセルCMOS
AF方式 像面位相差AF、コントラストAF 像面位相差AF、コントラストAF
AF測距点 493点 273点 5,655点
ISO感度 64-25,600 100-51,200 100-40,000
拡張感度 32-102,400相当 50-102,400相当 50-102,400相当
連写速度 9コマ/秒 12コマ/秒 8コマ/秒
画像処理エンジン EXPEED 6 DIGIC 8
EVF 約369万ドット0.5型OLED 約369万ドットOLED
背面モニター チルト式 3.2型・約210万ドット バリアングル式 3.15型・210万ドット
タッチパネル
バッテリー EN-EL15b LP-E6N
記憶媒体 XQDカード SDカード(UHS-I/UHS-II対応)
外形寸法 134×100.5×67.5mm 135.8×98.3×84.4mm
質量(本体のみ) 585g 580g

 これでソニー(旧ミノルタ)、ニコン、キャノンと 3社 3様のフルサイズ・ミラーレス一眼が揃ったことになる。となると当然シリーズ化され、毎年では無いにせよ定期的に改良が続けられるだろうから、これから先も益々楽しみが増えてくる。
 僕が個人的に希望するのはメカニカルシャッター搭載のフルマニュアル・フルサイズ・ミラーレス一眼って感じのシンプルな製品。余計な機能が全く無い代わりに安価で使い易い、しかもメチャクチャとんがった感じの製品が出てきて欲しいんだけど、ね。

 ピント合わせ、絞り、シャッタースピード。一つ一つを自分自身で設定し、被写界深度や、ハイキーやシャドウを自らの経験として実験しながら身につける事ができる一般には使い難いカメラ。
 フィルムの時と違って、設定を試して直ぐに確認できるデジカメだからこその楽しみ方。沢山の失敗写真を撮りながら、その一つ一つに原因と結果を学べ、いつしか光と影を見るだけで自然にシャッターと絞りが設定できる経験を積む事ができるフルマニュアルのカメラこそが楽しいと感じるのだ。

 単に「失敗のない記録写真」が撮りたいだけならば、現在のフルオート・コンパクトカメラや、スマホで撮っても十分過ぎる画が残せるだろうから、ね。

One Response to 新型 EOS Rシリーズ

  1. ピンバック: 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。