今月はアリス「うちの子記念日」

 先週に引き続き今週もまた台風で大荒れの週末。昨日 10月 5日は子猫を保護して丸 2年目となる日だが、スミレと名付け我家の子にしたのは翌 11月の中旬だから、その話題は次回にでも。
 10月 1日はアリスが「我家の子」になった記念の日だ。今年で丸々 13年分の時間が過ぎた訳である。

 13年前の 8月に佐土原の知り合いの家で生まれた子犬 5匹の中の 1匹で、既に引き取り手の決まっていた 2匹を除いて、残り 3匹をどうしたものか途方にくれていた。
 親犬の飼主さんから一番元気でお転婆だったアリスを引き取った訳だが、それから今日まで僕の暮らしの大半を占めるほどの存在になるとは予想もしなかったよね。

 僕自身は元々、犬や猫に限らず動物が好きで小学生の頃は率先して動物の世話をしたがる子供だったけれど、実家が商売をしていたのもあって客に吠えたらいけないからと野良猫は出入りしてても犬を飼うのは許されなかった。
 だから自分の家で犬を飼うのは初めての体験だったので、どうして飼っていいのか全く判らなかったし、ましてや育て方も訓練の方法なんて何も知らなかったんだ。

 そもそも犬の性質や生態も何も知らなかったから、とにかく沢山の本を読んだ。近所にあった書店や中古本屋をはしごしては書籍を購入し、県や市の図書館に行っては目についた本を片っ端から借りて読んだ。
 躾の本だけでなく生態や医療の本まで読んだ。その中にあったマッサージの本は今でも手元に置いてある。きっと、これから役立ってくれる事だろう。

 元々のアリスの性格が、割と猟犬としての適性があって度胸が座っており図太い神経だったらしく、しょっちゅう悪戯をしては僕に怒られ、叩かれたり蹴られたりしても、過ぎてしまえば全く気にしない性格だった。故に、僕自身や人間を怯えることは一切なかった。
 小はペットシートで済ませるのは早めに覚えてくれたのに、大は一向に覚えなかった。トイレを散歩中に外ですませるまで我慢できるようになるまで丸 2年かかったが、それまで家の中は大変な目にあった。

 悪戯をしたら、絶対に僕から怒られる自覚はあった様子。子犬の頃から留守番させていたが、仕事から家に戻った時に家の中がグチャグチャになっていたら、決まって玄関先に出てくることもなく風呂場の隅で震えていた。
 悪戯をしていない時だったら、尻尾を振って玄関先まで出迎えてくれていたから、何に対して僕が腹を立てていたのかを、ちゃんと理解しており態度を変えていた訳である。

 驚いたとこに、トイレの粗相、盗み食いや悪戯の頻度も 3歳を超えた頃からピタリとしなくなった。次に飼う事になった小町やスミレの悪戯に対しても、気持ちに余裕を持って接する事が出来たのも、ひとえにアリスでどれだけ手が係るのかを知っていたからに過ぎない。
 その分、アリスは僕から、叩かれたり蹴られたり、投げられたりと、そこだけを他人が見たら驚くくらい動物虐待の限りを尽くされていたのかもしれない。

 だからと言ってアリスが僕の事を恐怖に怯えてみているかと言うと、全くそんな気配は感じられない。勿論アリスも小町もスミレも同じ様に大好きなのだけど、アリスはまた特別に好きだという気持ちが通じているのかどうかは判らない。
 一方、小町やスミレには、ヨソヨソしい雰囲気がある。どことなくアリスに遠慮してるかの様に僕に対して一歩引いている感じがある。しかし、アリスにはそれが無い。身勝手な感情だろうけれど、アリスから感じる雰囲気は、愛情そのものじゃないかなって感じがしている。

 必要がなければ攻撃しない。優しいけれど売られた喧嘩は総て買うくらいの気性の激しい一面がある。そこら辺は猟犬の性質が出ているのだろう。
 故にアリスは誰からも好かれるし、僕が他の犬や猫の相手をしていても、それに対して酷く攻撃する訳でもない。特に独占欲が強い訳じゃないが、多少の嫉妬心はあるらしい。

 アリスがいたからこそ、我家には小町がいて、スミレが居る。おそらく最初に飼った犬がアリスでなければ、今の暮らしの様にはならなかっただろう。
 アリス自身の気持ちが優しく、穏やかな心の持主で、細かな事を全く気にしない「鷹揚な性格」だったからこそ、特に大きな問題もなく皆んなが一緒に共存できている訳だ。本当に、アリス様々である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。