今日は「冬至」

 本日 12月 22日は、平成最後の「冬至」とのこと。でもって明日 23日は県知事選の「投票日」でもある。
 蓋をあけるまで、どちらに決まるかは判らないけれど、大方の予想通り「出来レース」って感じがない訳でもない、なんちゃって。f(^-^;)

 改まって「冬至」と言われても、既に先日から少しずつ夕方の「日の入り」時刻は遅くなり始めている。
 事実、午後 5時過ぎても少しだけ夕闇の迫る時刻が遅くなり、僅かでも明るさが残るようになってきた。

 一方「日の出」時刻の方は、これから正月が過ぎ成人式の頃まで益々遅くなっていく。そんなこんなで「太陽の出ている時間が一番短い日」だとしても。あまり実感が湧かないってのが正直なところ。
 だから「太陽の位置関係がどうの」とか「季節の変わり目的にどうの」というよりも、どちらかというと社会的な営みを旨とする、慣習的な一つの区切り的な意味合いの方が大きいのかもしれないとも感じる。

 冬至と言われて思いつくのは、もちろん「柚風呂」と「冬至南瓜」だ。他の習慣に関しては、全くと言っても良いほど何も知らない。
 柚子に含まれるのは主にビタミンCだし、緑黄色野菜に多く含まれる βカロチンは体内でビタミンAへと変化する。どちらも体内で合成することのできない必須栄養素でもある。

 どちらかというと迷信的なモノが多い「生活の知恵」や「おばあちゃんの知恵袋」的な雰囲気も漂うが、実際に、古来から体自身に備わっている対寒への補強、風邪予防にも効果的な食物なのは間違いない。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。