寒中お見舞い申し上げます

 秋 92歳でパーキンソン病になった母が自宅で転倒した際に頭を強打。直ぐ入院し、安静にしているだけで脳硬膜下の出血は消えたのですが 2週間の入院で体力と筋力の衰えが顕著となり、一ヶ月延長してリハビリ。その後、リハビリ施設のある老齢介護者専用の医療介護施設を紹介され 12月より入所しています。
 実家で一人暮らしとなった 94歳の父をサポートするため、自分は叔母と姉や兄の協力を得ながら一週間おきに宮崎と実家を往復しています。
 両親の希望は共に、同じ施設内にて生活したいと願っているのですが生憎、要介護3と要支援1では一緒に住める施設は存在しないそうです。
 どうやら今の法制度では独居老人のサポートは充実してても、後期高齢二人暮らし老々介護者へのサポートは無いに等しいのが現状のよう。
 今後しばらくの間、僕の宮崎と日向の往復生活が続くと考えています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。