令和元年5月のドッグラン

 前日の天気予報では、週末までは晴天が続くけど週明けから天気が崩れるとのことだったので、前日 23日に風呂に入れて洗ったばかりの 3頭を連れ 5月 24日(金曜日)に、綾のドッグラン・ジョイさんに出かけて来た。
 僕らは午前 10時 15分頃から午後 4時 15分頃までの約 6時間をドッグランで過ごして来た。木陰が多くて涼しいから奥にある狭い方のサークルに入っていたけど、平日の金曜日ということもあり晴天であっても午前中は誰も来ず僕らだけの貸切状態。
 我が家の犬猫は 3頭共にマスターと夫人、それぞれ別々におやつを頂ける時が最大の楽しみらしい。

 折角ドッグランに来てても、ちっとも走ろうとも遊ぼうともしないで、いつもノンビリと寝てばかり。あまりに暇だった僕は、午後 1時から 2時までの 1時間ほど、栗の木の下で犬猫と一緒になって昼寝してた。
 途中までは涼しい風が吹いていたので気持ちよかったのだけど、どうやら 15分間ほど完全に寝入っていた頃は風が止まっていた様子で、汗びっしょりになって暑くて目が覚めたようなものだった。

 午後 2時頃、今日は暑いし誰も来ないし、そろそろ帰ろうかと敷物を畳んで車に積み込んでいた所で、いつもの「ダン君」がやって来たので、僕らも広いサークルに移動した。
 それから少し遅れ 2時半頃に「ゆずちゃん」が来た。すっかり慣れてしまい、以前の様に「すみれ」にちょっかいを出さない。
 まるで存在を意識していない様子にも見える。

 少し涼しくなり始めた午後 3時頃、ちょっとビビリ屋さんの「マロン君」が来た。今年で8歳なんだそうな。
 投げたボールが小町の鼻先にに転がって行った時、小町の方はボールを見ない様に顔を背けてよそ見をしているのに、それでも怖がってて近づけないでいた。
 午後 3時半頃になって、お母さんと一緒に昼寝してたら寝飛ばかしたと言いながら「メロ君」がやって来た。
 アリスや小町以外に他にも沢山の飼犬が遊びに来ているのに、無防備な姿で完全に寝入っている「すみれ」お嬢さん。他の方が触っても撫でても全く目を開けようとも起きようともしない。
 午後 4時頃になり、そろそろ僕らが帰る準備をしてた頃、隣の小さなサークルに、6ヶ月になったばかりという黒プードルの子が 4歳の女のお子さんとご両親と連れ立って来てた様子。その他にも2頭の白プードルも来ていたかな?

 昨年末くらいから要介護になっていたマスター夫妻の飼犬、アリスの旦那さんでもある店長犬の「リュウ君」が、今月 5月9日の夕方、15年と 4ヶ月で虹の橋の袂へと旅立ったそうな。
 アリス達への形見分けに、食べれずに残っていた高齢犬用の缶詰やパウチの介護食を頂いて来た。

 アリスは何かを感じたらしく、宮崎の自宅へと戻って来たら、しきりに自分の四つ足を交互にガジガジ繰り返す。肉球に何か付いているのかなと目を凝らして確認しても棘の様な物もダニも何も確認できない。
 やめさせようとしても、しばらくすると再び繰り返す。その後 4日間ほど、まるで思い出す様にガジガジ繰り返していたな。その後も見てたけど、自然にやめたから一時的なものなんだろうな。

 もしかすると、話を聞いた後の僕の態度や他の人へ話をしている姿で何んらかのストレスを感じていただけなのかも知れないけれど、ね。
 その後の気温、日々の寒暖の差で体調不良を起こしたらしく、アリスだけが食欲がなくなった時の方が心配だったけど、単にこれも彼女に現れた老化現象の一つなのかも知れないな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。