期待してたのと違ったなぁ…

 今月初めに公表され予告され、来週 10月 21日から新しいポメラ DM200の発売開始なんだそうな。実機が市内のどこで売ってるのかは知らんけどネットでは既に予約できるみたい。
slide_01 前モデルの DM100から 5年ぶりに発表されたストレート型のポメラである。確かに僕が期待していた通りに進化してくれた部分も有りはするけど、なんか「コレジャナイ」感が、そこはかとなく漂うんだよねぇ…
この投稿の続きを読む

広告

やはりポメラは使い易い。


 文字しか打てない単機能であるが故の制限が実に快適だと言うことは、ある程度予測はしていたけれども、思っていた以上に快適であることを実感している。

この投稿の続きを読む

ポメラのオアシスキーボード


 残念ながらポメラのオアシスキーボードとしての使い勝手は、今一どころか、今十くらい悪かったのです。僕的にはオアシスキーボードとして使用できるガジェットとして期待していたのですが、同じように期待している人は大変申し訳ないです。
 極めて個人的な意見としては「誠に遺憾」ながらお勧めはできません。

この投稿の続きを読む

夕べポメラを注文した…

 さんざん迷った末に、夕べポメラ DM100をアマゾンに発注した。金額が自分の中でのラインだった 28,800円を大幅に割って 25,395円になっていたっていうのも一つの理由にある。

この投稿の続きを読む

新しいポメラ DM100

 今月の 25日にキングジムから新しいポメラが出るんだそうな。今度のポメラは、以前にもちょっと話題にしたオアシスポケットに似ている。
 ずいぶんと印象が変わって、どっちかっていうとモバイルPCに似ているし、なんとなくキーが安定して以前の機種より使い易そうな感じがするけど、どうなんだろう?
 キーボードを折りたためなくなった分、大きくなったけど逆に薄くなって、かさ張らなくて持ち運びも楽になっている感じはするんだ。画面を開くと電源が入り、前の入力の続きを始める事が出来る。アクションが 1回分減るから、より快適な文書入力ができるんだろうなぁ。

この投稿の続きを読む

記憶の淵にあるワープロ

以前にもブログに書いたけど、個人的なパソコンの中で少しわだかまりがあったので、その記憶を紐解いてみる。

 今から 10年以上も前、時は世紀末。当時からモバイル機器が欲しく PDA 等も探したが、どれも文字入力に難があったので手を出せずにいた。
 そこへ富士通から INTERTOP というタブレットを先取りしたような機種が発売された。購入したのは改良版の model 20 という人気機種で、値引きも無く、注文しても 1か月待ちという状態で手に入れた。(Red)
 ワープロでもないのに OASYS KEY 配列を搭載し、タッチパネル、HDD の代わりにコンパクトフラッシュを内蔵したゼロスピンドルマシン。
 モバイル機器だと認識していたのだが、バッテリーが実質 2時間も持たずに屋外ではまともに使えないという企画倒れの商品だった。いつでも何処でも思いついたら直ぐにテキスト入力できるものと期待していたのに、使い物にならず使用を断念した覚えがある。その後の新機種との互換もなく旧製品はサポートも早々に打ち切られてしまった。

この投稿の続きを読む