ジャスティス・リーグ

 年に 1度、全国規模の「映画の日 (12月 1日)」にはサービス料金って事で入場料が税込 1,000円で映画が観れる。僕は『ジャスティス・リーグ (原題 : Justice League)』を観てきた。今回は 友人の都合がつかなかったので、互いに独りで観る事になった。年内は映画を、後 1本を観る予定にしている。
 尚ネタバレが含まれている恐れがあるため、これ以降の参照は自己責任にてお願いします。m(_ _)m

この投稿の続きを読む

広告

ワンダーウーマン

 先日の「映画の日」に、友人とワンダーウーマン(原題:Wonder Woman)を観てきました。

 これは『バットマン vs スーパーマン。ジャスティスの誕生』から続く物語。メインキャラであるワンダーウーマン自身の回想という形で進行する。ここから先はネタバレを含みます、閲覧は自己責任で。

この投稿の続きを読む

LOGAN/ローガン

 今月の「映画の日」は友人と、その当日 6月 1日に封切られたばかりの「LOGAN/ローガン」を観て来た。
 例によって何時もの如く、これ以降はネタバレを含みますので閲覧の際は自己責任にてお願いします。m(_ _)m

この投稿の続きを読む

虐殺器官

 今月 1日の水曜「映画の日」を活用し「虐殺器官」を観てきた。なんか色々あったそうで、当初の計画より大幅に狂い、三部作の最初に公開する予定が一番最後になったと言う曰く付きのアニメ映画である。
 原作者「伊藤計劃」氏は 2007年、本作『虐殺器官』で作家デビューし、遺作『ハーモニー』を発表。 2年後の 2009年に 34歳に肺癌にて亡くなっている。
 尚これ以降ネタバレを含みますので参照は自己責任にてお願いします。m(_ _)m

この投稿の続きを読む

ドクター・ストレンジ

 今月の映画の日、友人と 2本を続けて観た。午後からはマーベルコミックのヒーロー「ドクター・ストレンジ」
00【物語】
 不慮の事故で両手の機能を失い、天才外科医として築いてきたキャリアの全てを失ったストレンジは、人生を取り戻すためにあらゆる手を尽くし、やがて神秘に満ちた魔術の力にたどり着く。
 魔術の修行に励むうちに、強大な敵との戦いに巻き込まれていくストレンジは、医師として相手を傷つけることに苦悩し、外科医に戻るか最強の魔術師として戦う道に進むか、究極の選択を迫られる。
以下ネタバレを含みます。

この投稿の続きを読む

ザ・コンサルタント

 今月の映画の日、友人と 2本を続けて観た。先ずは「ザ・コンサルタント」から…
 【あらすじ】
 田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・
  年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?
 以下ネタバレを含みます。

この投稿の続きを読む

ジャック・リーチャー

 今年の 12月 1日「映画の日」には「アウトロー」の続編「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」を観て来ました。もとい、原作順からすると流れ的には前章譚になるのかな?
 これ以降に関してはネタバレを多分に含んている可能性があるので参照は自己責任にて、よろしくお願いします。m(_ _)m

この投稿の続きを読む