小町 8年齢

 昨日、平成 29年 5月 20日で小町は満 8年齢となった。秋田犬は大型犬に分類されるため人間の「61歳」に相当するが、これからは老化が加速すると言われているため 3年後には中型犬である先住犬のアリスと並ぶ事になる。
 ただ小町の場合は、今の時点で体重が 21.5kgなので体重で区分けすると中型犬の範疇に入る。一概には言えないのかも知れない。
この投稿の続きを読む

一日一度。出来れば二度、散歩に連れ出そう

 先月 4月 17日、北海道斜里町で餌やり中に 79歳の主婦が、飼犬の秋田犬に腕を噛まれて死亡するという痛ましい事故が起きた。

ストレス発散は重要

愛犬に育てよう(その7)

この投稿の続きを読む

今年の注射済票の色は「赤」

 昨日 4月 22日、いつも往診に来てくれる獣医先生から、アリスと小町は「狂犬病予防接種」を受けた。
 まだアリスが子犬だった頃、宮崎西高正門を下った所に病院があった頃からの「かかりつけの獣医」先生だから、アリスも小町も慣れたもの。ついでの時に家に寄られても、喜んで尾を振って吠えて迎える。

この投稿の続きを読む

狂犬病予防の集合注射会場

 去年は僕の手元に 3月下旬には届いていたのに、今の所は未だ宮崎市から狂犬病予防接種の知らせが来ていない。そのうち届くだろうけど、今月 4月から 6月末までの 3ヶ月の間に「狂犬病予防接種」を受ける予定だ。
 日本国内で犬を飼っている全ての飼主の義務であり責任でもある訳で、以外に知らない人が多いようなんだけど、実はこれ「狂犬病予防法」という日本の法律でも決められているほど大事な事なのだよ。(^-^)
この投稿の続きを読む

適度なストレスなら有効だと思う

 下記の内容は、あくまでも僕の個人的見解であることを念頭に置いてて欲しい。反論や異議も有ることを重々承知した上で述べている内容であり、こういった考え方をしている人間も居るという一例に過ぎないと思ってて欲しい。
 人に限らず「頭脳」を持った脊椎動物ならば、自身に対する何らかの問題が生じた場合、それに対して自ら対応や対策を「考え」て実行に移すということは非常に重大なことで有ると僕自身は考えている。

好奇心の芽を摘んぢゃ駄目。

愛犬に育てよう(その6)

この投稿の続きを読む

シニア犬の肥満に注意(その 2)

 昨日 9日、朝からの雨で計画していた「大塚わんわん倶楽部」で行うプチ・ドッグランは中止となってしまった。まぁ仕方ないわな。
 さてさて子供の成長期の頃や若い時期には特に大きな問題にならないこと。それが加齢と共に問題になる。肥満もその一つだが、飼犬の場合は飼主の心がけで回避できる問題でもある。以下は、その自分なりの考察である。

高齢犬の肥満は万病の元。

愛犬に育てよう(その5)

この投稿の続きを読む

シニア犬の肥満に注意(その 1)

 何も飼犬だけに限った事ではない。「肥満は万病の元である。」っていうのは、そっくりそのまま飼主である僕ら人間にも言える事だ。特に加齢に伴って徐々に増え始める肥満は知ってるだけじゃ防げないから注意しなきゃ…

飼犬の肥満は飼主の責任。

愛犬に育てよう(その4)

この投稿の続きを読む