アリス記念日

 今日 10月 1日は、アリスが我が家にやってきた日。12年前の今日、知人が自宅で生まれて 50日ほど過ぎた子犬を連れてきて、そこで初めて出会った 3匹の中から一番元気のよかった子犬を選び宮崎の家に連れて帰った日なので、今日は「アリス記念日」なのである。
 よって、この日の「アリス」との出会いが無ければ、その後に続く「小町」や「すみれ」とも、そして多くの犬や犬友達との出会いも無かったわけだ。

この投稿の続きを読む

広告

アリスの胸部にグリグリ発見 !!

 2週間ほど前にアリスとスミレと小町を順番に洗った。その際、アリスの体を洗う僕の指先と掌に違和感を感じたが、洗っている最中に何処を触っても痛がったりはしなかったから特に問題視はしなかった。
 アリスを洗った後は、お約束で一緒に寝る。この時ばかりは、先に部屋に入って待ってるのだ。僕が寝転ぶと隣に来て寝るので撫でていると仰向けになって腹を出すから、アリスの体を、ちょっと念入りに触診してみた。

この投稿の続きを読む

小町 8年齢

 昨日、平成 29年 5月 20日で小町は満 8年齢となった。秋田犬は大型犬に分類されるため人間の「61歳」に相当するが、これからは老化が加速すると言われているため 3年後には中型犬である先住犬のアリスと並ぶ事になる。
 ただ小町の場合は、今の時点で体重が 21.5kgなので体重で区分けすると中型犬の範疇に入る。一概には言えないのかも知れない。
この投稿の続きを読む

シニア犬の肥満に注意(その 2)

 昨日 9日、朝からの雨で計画していた「大塚わんわん倶楽部」で行うプチ・ドッグランは中止となってしまった。まぁ仕方ないわな。
 さてさて子供の成長期の頃や若い時期には特に大きな問題にならないこと。それが加齢と共に問題になる。肥満もその一つだが、飼犬の場合は飼主の心がけで回避できる問題でもある。以下は、その自分なりの考察である。

高齢犬の肥満は万病の元。

愛犬に育てよう(その5)

この投稿の続きを読む

シニア犬の肥満に注意(その 1)

 何も飼犬だけに限った事ではない。「肥満は万病の元である。」っていうのは、そっくりそのまま飼主である僕ら人間にも言える事だ。特に加齢に伴って徐々に増え始める肥満は知ってるだけじゃ防げないから注意しなきゃ…

飼犬の肥満は飼主の責任。

愛犬に育てよう(その4)

この投稿の続きを読む

小町も 6年齢になった

 先日の 5月 20日で小町は 6年齢になった筈だ。「筈だ」と言うのは正確な誕生日が判ってないから。
 引き取った時に聞いたのは「ブリーダーからの放出犬」である事と「歳は 1歳と 2ヶ月位で、5月頃に生まれた」らしい「多分 1回目の予防接種は済ませてある様だ」という事しか知らされていなかったので、それ以上の事は何も解らない。
 小町を引き取った際は既に 1歳を過ぎていたので、思うに「売れ残り」の個体だったのではないか。
 秋田犬にしては体も小さく平均値の半分にも達していなかったので「繁殖にも使えず放出されたのではないか」と言うのは、後から秋田犬の事を色々と調べるに次いで僕に思い当たった想像にすぎない。
この投稿の続きを読む

今年のは青色

 我が家の 2頭の飼い犬も先日の 4月 30日に、今年の「狂犬病予防接種」の注射を済ませた。
IMG_3366 その日は、朝からピカピカドンドンまで伴って物凄い土砂降りだったんだけど、先生が玄関先に来た時は、ちょうど雨も止んだ時で、家の中に一緒にいたアリスが吠えながら玄関まで行ったんで誰か訪ねて来たって気がついた。
この投稿の続きを読む