XZ-10の長所と短所はコインの表と裏

オリンパス XZ-10を買ったよ(その 4)

 使ってみた感想を率直に述べてみれば、やっぱり最初から判っていた通り「中途半端な製品なのね」ってことだ。確かに欠点を個性として了解してて使うには、それなりに高性能で使いでのある機種なのだが。xz-10-3 つまりは高性能な 1/2.3型CMOSのイメージセンサーだったけれど、最初に商品企画を通した際に想定していた「オリンパスが期待していた程には高性能ではなかった」って事なんだろうな。
 もっとも短所は往々にして長所の裏返しであったりする。短所だから使えないと諦めてしまうのではなく、長所の部分を生かして使いこなす事こそが、購入所有者である僕に科せられたミッションなんだろう、ね。(^-^)

この投稿の続きを読む

広告