そろそろ 64bit環境に移行すべきか?

 先日から知人に依頼されて久々に Accessでの開発をしていたのだが、動作確認テストした際に困った事が判明した。
 自宅の開発環境は、特に必要性も無いので未だ 32bitのままだったのだが、実際に客先で動作する環境は 64bit OSなのだ。
 開発中の Accessアプリは VBAからWindows OS内の機能を Declareで呼び出して使用しているので、その部分で非互換が発生してしまったのだ。
この投稿の続きを読む

広告

使い勝手は…

 先月から使っている Endeavor NY2200Sの Windows7は Vistaよりはマシと言っても XPに慣れきった身では混乱する部分も無い訳では無い。特にスタートボタンに相当する場所からアプリを探し難いのが特に気に入らない。
 フルキーボード搭載と言いながら、キーボードの端にある記号キーの幅は他のキーに比べて狭い。ひときわ大きなエンターキーの横や、両サイドに十分に余裕があるんだからミミッチイことしないで欲しかったよね。

この投稿の続きを読む

釈然としないのは…

 仕事上どうしても必要になってきたので渋々ということで、今週の頭 6日に EPSONに注文を入れていた Endeavor NY2200S [決算特別限定モデル]が昨日 9日の午前中 10時前、注文してわずか 3日で届いた。
 さすが国内製造メーカ。海外で組み立ててから送られてくるデルではこうは行かないだろう。
この投稿の続きを読む

記憶の淵にあるワープロ

以前にもブログに書いたけど、個人的なパソコンの中で少しわだかまりがあったので、その記憶を紐解いてみる。

 今から 10年以上も前、時は世紀末。当時からモバイル機器が欲しく PDA 等も探したが、どれも文字入力に難があったので手を出せずにいた。
 そこへ富士通から INTERTOP というタブレットを先取りしたような機種が発売された。購入したのは改良版の model 20 という人気機種で、値引きも無く、注文しても 1か月待ちという状態で手に入れた。(Red)
 ワープロでもないのに OASYS KEY 配列を搭載し、タッチパネル、HDD の代わりにコンパクトフラッシュを内蔵したゼロスピンドルマシン。
 モバイル機器だと認識していたのだが、バッテリーが実質 2時間も持たずに屋外ではまともに使えないという企画倒れの商品だった。いつでも何処でも思いついたら直ぐにテキスト入力できるものと期待していたのに、使い物にならず使用を断念した覚えがある。その後の新機種との互換もなく旧製品はサポートも早々に打ち切られてしまった。

この投稿の続きを読む